Japanese Style Photo / 琳派的写真

美術業界に身を置く人間としては琳派は外せない存在だ。というか個人的にはかなり好きである。この場所を発見した時、すぐに琳派を思い浮かべ、試行錯誤をしてシャッターを切った。
実は3年前にも同じタイトル、同じような構図で撮っている、お気に入りのアングルだ。オオヤマザクラの盛りは少し過ぎたものの、背景とのバランスを鑑みれば、これはこれで良きタイミングだったのではないかと納得してみる。が、来年こそは満開に訪れたいとも思うのである。
さてこの前のポストでも書いたとおり、このロケーションは有名だけど、ラッキーなことにここを撮る人は誰も居ない。気兼ねなく撮り放題なのだ。とはいえ、このカットがスゲ~って思う人は私以外にはいないってことなのかもしれない。
いつかA2にプリントしてみよう。

レンズネタコーナー
実は先日SIGMAから発売になったばかりの、Artライン 50-100mm F1.8を、発売日にゲットしていたのだ。タイミングが合わずなかなか試す機会がなくて、やっとこのロケで使うことが出来た。単焦点派の私としては、所詮ズームレンズだしなどと思い期待していた訳ではない・・・、いや実はArt 18-35mm F1.8があまりにも素晴らしかったので、このレンズも大いに期待していたのであった。もしこれがスゲ~実力だったとしたら、18-35mmと、この50-100mmの2本があれば、大体のことは足りてしまうことになるからだ。
で、肝心のファーストインプレッションはと言いますと、これはヤバイ。単焦点との住み分けが難しい。などと贅沢な悩みに突入してしまったというのが最初の感想だ。

Location / Nagano ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 50-100mm F1.8 DC HSM

Loading Facebook Comments ...

Japanese Style Photo / 琳派的写真” への1件のフィードバック

  1. 撮影された日の違い、時間、光線の入り方で、切り取られた雰囲気は、ずいぶん変わるものですね~
    私が撮影した時は、機材の関係で、DP3 メリルを持っていかなかったのでNikon D800Eでの撮影でした。

    三脚をこの場所の時は使わず、一人ひっそり撮っておりました。

コメントは停止中です。