もっともこれは耳じゃなくて脳の仕業ですね / バイノーラル録音

ひと月前に、西表・石垣に自然音を録りに行ってきました。直接自分の耳に小型の高性能なマイクをツッコんで録るバイノーラル録音です。自然音の録音に限って言えば、ステレオ録音よりも立体的に聴こえます。特にヘッドフォンで聴いたら素晴らしい音空間がたちあがります。立体的と言えば、サラウンドによる録音方法がメジャーかもしれませんが、いやいやどうしてどうして、バイノーラル録音も負けてませんよ。しかもこちらは聴くための特別なシステムも要りませんしね。

と言う事で、只今、その時の音をチェックしているのですが、これが実に素晴らしいのだ。どうやって、みなさまにお届けできるかも検討中です。やはりCDにするのが良いのかな? それともダウンロード配信でもオッケー? ご意見募集します。

さてココから、ちょいとマニアックなお話・・・

自然音を優れた機材で高音質で録ってきても、その時の感動は得られません。何故ならば、ニンゲンの耳は良く出来ていて、聴きたい音にだけフォーカスが出来ますが、録れタテの音には、予想外に余分な音成分が混じっています。ニンゲンの耳は、その余分な音にはフィルターをかけて、心地良い音だけを増幅させる能力があるのです。もっともこれは耳じゃなくて脳の仕業ですね。

なので、生音のままだと、その時の音空間とは別物に感じてしまいます。よってこの素材を、現場で感じた音空間に近付けるためにEQを駆使するのですが、実はこれが大事な作業なんですね。そしてここがウデの見せどころとなる訳です。

+撮影機材
-CANON 5D MarkⅡ
-EF50mm F1.2L USM

Loading Facebook Comments ...

もっともこれは耳じゃなくて脳の仕業ですね / バイノーラル録音” への2件のフィードバック

  1. 個人的にはCDを希望いたします。
    でも製作側の経費を考えるとダウンロード配信なのかなぁ?

  2. おおはらさん
    おぉ、これでCD作ったら1枚売れるんだね。
    どうしたもんでしょうね。

コメントは停止中です。