北斗七星と哲学の木

この日は仲秋の名月近くの明るい月が出ていて、星空を撮るには厳しい条件ですが、その月明かりを利用して、哲学の木と同居させてみました。
北斗七星が見えてますね。

哲学の木を背景に北天に向けて長時間露光+コンポジット。

Loading Facebook Comments ...

北斗七星と哲学の木” への10件のフィードバック

  1. まってました!ほんとに、これらの作品は「ひでおさんの世界」ですな(^^;
    本気モードの作品も早く見てみたいっす。

    2枚目のコンポジットの方は、流れ星でしょうか?そして、飛行機?実はUFO?なんて想像力を駆り立ててくれますね。

    こんなところで、TINGARA聴きながら、熱いコーヒーでも飲んで、たそがれて見たいものですなぁ。

  2.  う~ん、星の音楽と樹の歌が聞こえてきそうです~♪
    透明な風まで感じます。

  3. ざぶんさん
    そうそう、これに写っている流れ星はね、気がつかなかったんだけど、ひとつ流れ星は見つけましたよ。
    でね、大飛球も発見しました。
    あれね、鳥肌モンだったな。

    mikolaしゃん
    でしょ。
    今度行く時は音もキャッチしてきたいな。

  4. 哲学の木が北斗七星を見上げて歌っていますね☆
    部屋の灯りを消してこの写真を眺めていると
    確かに聴こえてきます。
    その歌に惹かれて星が天から降りてくるようなそんな風にも感じます。
    本当に素敵です☆

  5. このショットは凄いですね。
    さすがいいカメラだ・・・?

    『大飛球』見損ないました・・・トホホ。。。
    でも、この場所にはまた出かけると思います。
    あの唄も収録しないとね。。。(^_-)-☆

  6. まあHIDEOさん、とても近くまでいらっしゃっていたのですね。大雪山と美瑛、私の大学生のときの北海道デビューの場所です。
    大感動して美瑛の四季を味わいたくて通いました。哲学の木がこんなに素敵なところだとはちょっと忘れていたように思います。是非近いうちに行ってみます。今度いらしたときは富良野の麓郷で北の国からのセットのおうちにお泊りできる、、というイベントのある時期だったら超おすすめです。五郎さんの石の家に泊まって五右衛門風呂に入れるそうですよ。観光協会に案内が出ています。
    夜は友達がダッチオーブン料理を出してくれています。富良野のみゃーより

  7. ちゅらさん
    正確に言うとね、葉っぱたちがざわめきだすんですよ。
    風もあまり吹いて無いのに。

    マンボウさん
    おぉ、また行きますか?
    ぶはは。

    みゃーしゃん
    実は二日間富良野にお泊りしてました。
    今回は全く余裕が無くて、みゃーしゃんにも声を掛けずにでした。
    でもね、頭に浮かんできましたよ。
    あ、ここにはみゃーしゃんがいるんだなってね。
    今度は声かけるね。

  8. な、なんと同じ空気を吸っていたのですね!
    富良野といえば、なんて思いおこしてくれただけでとってーも嬉しいです。
    ありがとうございます。
    どうぞまた北海道版HIDEO’s ワールドの世界をどんどんご紹介してください!
    ここの地も気に入っていただけて、こんなふうに切り取って見せてもらえるだけで充分嬉しくわくわくすることです。
    なんとなくいつか偶然お会いできそうです!

  9. みゃーしゃん
    プレゼンが通った暁には、堂々と?富良野に出向きます。
    その時は、お相手してね。

  10. 喜んで!
    この週末雨上がりの景色の中富良野から旭川まで車を走らせました。国道から見る美瑛あたりの景色をみるうち、ぼくねんさんから昔頂いたメッセージを急に思い出しました。
    私が伊是名島のボクネンズワールドにふれて東京に帰ってきて、東京の自然にもあらためてきづき、ああ、ここもボクネンズワールドなんだなと気付いたことをお伝えしたら、私がそう気付いたことをしってぼくねんさんにとっても世界がより一層美しさをましてみられます、というようなすごく嬉しいメッセージでした。
    HIDEOさんがこのあたりの景色に出会い感動された、、ということを知って私にとってもこのあたりの景色を見る目が心がより
    一層美しく感じられるのを強く感じました。
    そしてはじめてぼくねんさんがくださったメッセージを私も感じることができたと思いました。メッセージをいただいてからたぶん9年目くらいの出来事でした。超スローペースですよね。

コメントは停止中です。