フランスの風景を HDRしてみた

もう少し過去の写真から実験してみようかな。

ご存知、パリの観光地の代表エッフェル塔です。
で、こっちが前にアップした元データね。

どんなでしょうか?
これは軽めに HDRしましたが、白とびしていた雲が再現されていますね。


フランス郊外にあるオーヴェール・シュル・オワーズの教会。
ゴッホが自殺する最後の70日間で描いた場所です。
実は有名な作品のほとんどは、この70日間に制作されている。

ま、それはさておき・・・
前にアップしたデータはこっちね。

厳密に言うと別写真ですが、参考までにと言う事でチェックしてみてね。

さてどうでしょうか。
あなたも HDRに興味が湧いたのではないでしょうか。

Loading Facebook Comments ...

フランスの風景を HDRしてみた” への4件のフィードバック

  1. HDR早速、調べてみました。
    アドレスありがとうございました!
    一枚の写真に露出の違う部分をそれぞれ、調整して、仕上げるんですね。

    ちょうど、印画紙だったら、覆い焼きや焼きこみする感じでしょうか。

    ひでおさんの写真、きれいで、いい感じですね!HDRって楽しそうですね。

  2. まっくろくろすけさま
    不親切でスミマセン(^^ゞ。

    現在のデジタルの技術では、1ショットに収める光の加減が決まってしまいます。
    なので露出を変えて何カットか撮って、その欠点を補おうって言うのが HRDかな。
    もっとも最近ではそれよりも積極的に使って、ありえない効果を期待するって言うのが流行みたいです。
    ワタクシも最初はその方がオモシロイかなって思ったけど、だんだんナチュラル仕上げに落ち着きそうです。
    と言う事は、日常的に使うかもしれません。

    そのうちデジカメ自身で、そういう処理をするようになるかもしれませんね。
    一度知ってしまうと、後戻りは出来ないような気分です。

  3. 雲がはっきりすると、空に奥行きが出てくるような感じがしますね。エッフェル塔も「前」は、空が平面に見えて、「後」だと、塔の高さが伸びているみたい。不思議不思議。

  4. イナセなギンポさま
    データにはちゃんと雲の諧調まで記録されていたんですね。
    RAWデータから現像の仕方でも大分違いが出るのですが HDRはそれの延長線上の技術としてマスターしておいて損は無いかも。

コメントは停止中です。