Wood surface / 気になる木

桜の木肌から生命力の様なモノを感じ、じっくり眺めていたら、この藤壺ににたアクセントを見つけました。何てこと無いんだけど、どうにも気になるんです。実はこの桜を撮るのは、これで二回目です。
数ある桜でも、いつでもこの木を見つけ出すことが出来るようになりました。

花を咲かせたらまた撮りに来よう。

ロケ地 / 東京都中央区佃島

+CAMERA
-SIGMA DP3 Merrill

Loading Facebook Comments ...

Wood surface / 気になる木” への2件のフィードバック

  1.  この壺、桜がつくったものではありません。これはイラガの繭です。羽化する際に上の部分がとれる?ので壺のようになります。新しいうちは白地に黒の模様ですが、これは抜けた後に汚れがついて、さらにコケの仲間が表面を覆って、木の肌と同化しているのです。
     昔はこの繭を冬に採って(それ以外に冬に採れるものがなかったのでしょう)、タナゴ釣りの餌にしました。植物を育てるものにとっては刺されると痛い最悪の蛾ですけどね。

    1. 流石かわむつセンセーです。
      実はすでにGoogle+からも教えていただきました。
      画像をクリックするとコメントのやりとりも見ることが出来ます。

コメントは停止中です。