CANON TS-E17mm F4L / SIFT TEST

新兵器を導入しましたので、まずはテストシューティングをしてきました。
CANON TS-E17mm F4Lと言う、変態系レンズです。
特徴が沢山あって一言では説明しにくいのですが、まずは、このレンズがもっとも活躍するであろうシチュエーションからです。テキストで説明するよりも実際に見比べてもらった方がわかりやすいかな?
まずはこちらです。これは普通に超広角で撮影した場合です。焦点距離は17mmです。なかなかワイド感があって迫力がありますよね。


さてこちらは、このレンズの特徴であるシフトをしたものです。
手持ちでの撮影なので、ちょいと甘いですが、上部の窄みが無く建物がビシッと直立しているのがお判りいただけるでしょうか? 建築写真家には、この機能は必須ですね。一度これに触れてしまうと、あの建物が倒れそうになっているのには戻れませんね。

とまあ、これがこのレンズの一番オーソドックスな使い方でしょうか。
しかしこのレンズ、扱いがむずかしいわ。

カッコもかなり変です。出目金です。その勇姿を観たい方は、こちらのメーカーサイトでチェックしてみてね。

+CANON TS-E17mm F4L / メーカーサイト

Loading Facebook Comments ...

CANON TS-E17mm F4L / SIFT TEST” への12件のフィードバック

  1. おおおっ!17mmなのに目で見たまんまになっている!!なぜだ〜あの出目で〜??
    建築写真に・・と書いてあったのはこういう事なんですね。
    これでポートレートだと脚長くなんないんですね・・

  2. じんちゃん
    さっそくコメントありががとうね。
    建築関係のお仕事をしているヒトには、今後外せないレンズかもしれませんね。

    で、ポートレートか・・・

  3. 天井から部屋を撮ったら、妹尾河童レンズだぁ(笑)

  4. 興味津々このレンズポテンシャル凄そうです。他のテストも楽しみです。

  5. おおはらさん
    ほぉほぉ。

    ハルちゃん
    そうなのよ、まだまだ未知です。
    思い描いているのは、この先にあります。

  6.  シフトレンズだったんですか、この手の構図には使えますねぇ。樹木が林立する風景でも使えますね。
     所々に100マクロの名が出ていたので,変態レンズって100マクロ?って思ってました。100マクロは私の標準レンズです。

  7. シフトレンズがどういう仕事をするものなのか、初めて理解できました~。
    しかしどこをどういじるとレンズが動くんだ!?
    面白いっすね~~。

  8. かわむつさん
    100マクロは変態ではありませんね。
    あれはある意味標準で持ちたい一本ですよね。
    こちらは形と言い、機能といい、やはり変態レンズです。
    仲良くなれそうです。

    utashimakoさん
    そうそう、あちこち動く動かせる場所があって、最初は何が何だかさっぱりわからなかったけど、二時間ぐらいいじくり回して、ようやく理解出来ました。
    これから活躍してくれそうです。
    他にもいろいろ使い方があります。

  9. カメラ詳しくないので、ブログに遊びにきてなかったけど、こうやって、比べると一目瞭然でとってもおもしろい!
    人の心の目もレンズを換えるとこれぐらい、
    同じ現実でも見方が変りそう!
    私の心の目も変態レンズっぽいな~。

  10. みゃーしゃん
    カメラ詳しくなくても遊びに来てくだしゃい。
    ぶはは。

  11. 倒れちゃいそうな建物と、これでおさらばですね。
    あっしには、この変態レンズは手に負えません。だって、変態じゃないもん・・・。ぶはは。
    それにしても、奥が深いレンズですね。

  12. まっちゃん
    そうそう、かなり変態でじゃじゃ馬ですね。
    しっかりマスターしておきますので、あっちの方シクヨロ~。
    一緒に最高のPVを制作しましょう。

コメントは停止中です。