タグ別アーカイブ: 東京百景

Fixed point Observation / SIGMA SD1 Merrill+35mm F1.4 DG HSM Art

今日、SIGMAの50mm F1.4 DG HSM Artラインの発売イベントに参加してきた。すでに各サイトでレビューが出ているが素晴らしいレンズだ。我がSD1 MerrillはAPS-Cなので、フルサイズ用であるこのレンズの全ての能力を引き出すことは出来ないのが残念なところではあるが、それでもFoveonとこのレンズの組み合わせはもはや無敵の気配がプンプンしている。いずれは開発されるであろうFoveonのフルサイズにも、十分対応出来る存在だと思う。
まずはCanon用マウントからの発売だが、おそらくそう遠くはない次期にSIGMA用も案内があるハズ。今から待ち遠しいね。

と言うことで、この兄弟分となる35mm F1.4 DG HSM Artラインで久しぶりに定点観測をしてみた。なぜ久しぶりになっちゃったかというと、ほぼ同じ画角であるDP2 Merrillの存在があるからだ。ちょいとベランダに出して撮るには、解像度はもちろんのこと、機動力が圧倒的にいいんだよね。なので、もっぱらSD1 Merrillの出番は、DP Merrill三兄弟と画角がかぶらない時だけになっていたんだよね。本来ならば、SD1 Merrill+35mm F1.4 Artは最強の35mmなハズだんだけど、あまりにもDP2 Merrillの出来が良すぎるってことでもある。なんとも贅沢なことだね。

ってことで、50mm F1.4 DG HSM Artは、思いっきりDP3 Merrillと画角がかぶるわけだけど、この50mm対決も楽しみだなぁ。もっとも用途が違うので住み分けることになるけどね。

ロケ地 / 我が家からの定点観測

+CAMERA
-SIGMA SD1 Merrill
-35mm F1.4 DG HSM

Harmony of black and white / 白と黒の調和

この日は最初からモノクロームで撮ると決めていた。ドンヨリしていたからドラマチックな風景には出会えないことはわかっていたからだ。しかしこんな日は光が街全体を柔らかく照らしているので、モノクロームには最適だ。このサイズに圧縮してしまうとわかりにくいけど、Foveonで捉えた街のディテールは恐ろしく解像していた。プリントしたら惚れ惚れするだろうなぁ。

白か黒かだって?
いやいやグレーでもいいじゃないか。

ロケ地 / 東京 レインボーブリッジ

+CAMERA
-SIGMA DP1 Merrill

GINZA 23:00 / 銀座23時

銀座に来たら思わず撮ってしまうのがこの光景じゃないでしょうか。
でもよく見ると、重機が銀座四丁目の交差点を占領していました。
きっと明日の朝までに、何かが変化しているのでしょうね。
まさに眠らない東京を垣間見た気がしました。

ロケ地 / 東京 銀座

+CAMERA
-SIGMA DP1 Merrill + GW-3 21mm