タグ別アーカイブ: SIGMA dp0 Quattro

JAPANESE CLIFF / 屏風ヶ浦は秘境かも!


千葉県屏風ヶ浦は、波打ち際に遊歩道らしきものも存在するが、ここを歩くのは、かなり好条件でなければ止めておいた方が良いだろう。何度か行っているが実際に歩いている人を見たことがない。
そしてここはその遊歩道の中間の地点くらいなのだが、ここで人に出会ったのは、地元の人が釣りをしていたのを一度だけ見かけたことがあるだけだ。もしかしてここは秘境なのかもしれない。

Location / Byoubugaura Chiba, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro + SFD MODE

Japanese Cliff / 屏風ヶ浦と消波ブロック

ダラダラとアテもないドライブにはちょうどいいのが房総半島だ。この日の総走行距離は400kmだった。そしてこの方面に行けば、つい寄ってしまう場所が屏風ヶ浦。

さて、もう日本の海岸線ではおなじみになっている消波ブロックを、あえて入れた構図で撮りました。

それにしてもこんな景色は Foveonセンサーの独壇場ですね。これは dp0 Quattro(換算21mm)なのですが、四隅までキッチリ画像も流れず解像しているデータを見るのは、本当に気持ちいいです。

Location / Byoubugaura Chiba, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro + SFD MODE

Shiraito Falls and Mount Fuji / 白糸の滝と富士山

この場所を撮影するのは2度目。前回はあまり良い光ではなかったので、地味~な画になったけど、今回は富士山にバッチリ光が当たっていたので、まずまずの出来になったかと思う。とは言え、実はなかなか難しい、カメラにとっては厳しい状況だ。

富士山に露出を合わせれば、眼下の白糸の滝は暗くなってしまうし、滝に合わせれば富士山は真っ白に飛んでしまう。一発撮りでは到底このようにはならない。マルチショットをして露出合成などをしなければ、まずはこうは仕上がらない。今回もたくさんの人がここから同じショットを撮っていましたが、おそらく苦戦を強いられたに違いありません。これはデジタル時代ならではの一枚かな。

ちなみにこれは、SIGMAのカメラに付いている SFD MODEという7枚の写真によるものです。高画質にするための機能なのですが、こんな激しい露出のときにも有効なのです。

Location / Shiraito Falls Shizuoka, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

Tokyo Station of Paul Dervaux style / ポール・デルヴォー風の東京駅

訳あって、東京駅をガッツリと撮影するミッションを仰せつかった。
いやこれはある意味、自分の趣味でもあるので苦では無い。

さて東京駅の丸の内側へは、我が家からも職場からも、かなりの至近距離にあるのだが、これだけメジャーな被写体を改めて撮影するとなると、それなりにハードルが高い。

どんな東京駅を撮影しようかとあれこれ思案していて、最近流行りの雨降りの際のリフレクションなんていうのも視野にいれていたのですが、当分雨が降りそうに無い。いや、まだ締切には間があるので、これもチャンスがあれば、是非とも Foveonでガッツリと撮っておきたいとも思っている。

という事で夜明けの東京駅は、流石に物理的に撮れる人が限られているので、これを狙ってみることにした。派手なカットでは無いですが、誰もいない東京駅を見たのは初めてのことでしたので、これはこれで自分ではかなり気に入っていたりします。

私の大好きなポール・デルヴォーの世界観に似ていれば嬉しいな。でもそれを再現するには、モデルさんが5人位は必要かなぁ。どなたか協力してくれませんか(*^^*)。

Location / Tokyo Station, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 14mm F1.8 DG HSM