タグ別アーカイブ: SIGMA dp0 Quattro

Ginza Street / SIGMA dp0 Quattro

ガッツリ三脚を据えて撮るのじゃなく、こんなスナップでもオモシロイです。換算21mmなので、かなり寄って撮っているのですが、ディストーションゼロなので、それほどのワイド感が無いのが、ある意味新鮮です。
開放F4からの立ち上がりなので、夜スナップとしては絶望的に暗いのですが、それでも開放から十分な画質が得られます。

これは小雨降る銀座で手持ち撮影です。

Location / Ginza Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

Entangled Roots / SIGMA dp0 Quattro

SIGMA dp0 Quattroの実力を知ってもらうには、まずはデータを見てもらうのが一番かな。今回もオリジナルサイズでアップしました。

小雨降る中、小型カメラならではの機動力で、森でもサクサクと撮影が出来るのは、実は意外とアドバンテージが高いのです。雨降る森でレンズ交換なんて、素敵なアシスタントさんでも雇わないと出来ませんし、ならばズームレンズとなれば、そのチョイスをした時点で単焦点には敵わないのは明白です。私調べですが、このdp Quattroシリーズは最強の森カメラだと認定いたします。

Location / Lake Shirakomaike Nagano, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

SIGMA dp0 Quattro Field Test / Tokyo Night View

ネイチャー写真に続いて東京の夜景でチェックしました。
まっすぐあるべきものが、当たり前のようにまっすぐ写っていると言うのは、とても気持ちがいい。PhotoshopやLightroomなどでレンズ補正せずとも、このとおりです。これがディストーションゼロの世界なのか。そして周辺までくっきりで、画像が流れるなんてことは無い。参りました。惚れました。

Location / Harumi Toriton Square Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

SIGMA dp0 Quattro Field Test / もののけの森 白駒池

一足早くSIGMA dp0 Quattroが手元に届いたので、早速長野県の白駒池に行って、その実力を試してみることにした。このカメラのスペック等はメーカーサイトを参照してください。

さて、最初のフィールドテストに苔の森を選んだのは、カメラの性能を知るには都合が良いからだ。細かい葉っぱや苔の質感、雨に濡れた木肌のシズル感、そして苔の森の空気感など、そのカメラの実力が如実に見えてくるからだ。

作業工程は、まずSIGMA Photo Pro(以降SPP)でRAW現像したあと、16bit TIFFに書き出し、Photoshopで微調整をし、Web用にJPGで書き出した。他のカメラと一番違うのは、PhotoshopやLightroomで直接現像が出来ないということだ。必ずSPPでの現像をしなければならないことは、多くの写真家にとって、大きなハードルになっていることは間違いないだろう。この件については、後日改めて追記しますが、今回はまず、このオリジナルサイズでアップした写真をチェックしてみてください。等倍表示まで拡大しても破綻してない画を見ることが出来るのは、唯一Foveonセンサーで撮影された写真だけです。

そしてこの超広角21mm(35mm換算)のディストーションゼロというレンズがまた凄い。自然界において直線は存在しないので、歪ゼロの恩恵はそこまで無いかもしれないが、超広角の宿命である周辺の流れや光量落ちなど、これほどまでに抑えこまれていると、dp0 Quattroが21mmの超広角なのだということをすっかり忘れてしまいそうになるから不思議だ。そして超広角で避けられないのが周辺の解像度だが、これまた恐ろしいまでに、ピンがきている部分はキッチリ解像している。これもぜひ100%まで拡大して確認して欲しい。

ちなみに拡大表示するのは、この画像をクリックしてスペースバーを押せば全画面表示になります。それからマウスホイールをグリグリすれば拡大します。

Location / Lake Shirakomaike Nagano, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro