タグ別アーカイブ: SIGMA dp0 Quattro

Rain Square / 雨の広場

今年は梅雨らしい梅雨ですね。降り過ぎなんじゃないかと言う声も聞こえてきそうですが、私はしっかり雨対策をして待ち構えていましたので、毎年うっとおしいと感じていたこの季節も楽しかったりします。

ところで、とうとう今日がSIGMA dp0 Quattroの発売日ですね。私の周りでも結構な人数が手に入れたようです。とは言え、世間的には圧倒的に少数派な訳ですが、Google+では何気に仲間が多いので嬉しいです。今夜辺りから、バンバンdp0 Quattroの写真が流れてきそうですね。

Location / Harumi Toriton Square Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

Tokyo Monochrome / SIGMA dp0 Quattro

実はFoveonセンサーはモノクロームが得意だ。本格的な現像が楽しめる。ただ彩度を下げただけの擬似的モノクロームとはモノが違う。豊富なデータのグレースケールは、カラー現像よりもクリエイティビティ魂が刺激されるかもしれない。
そしてディストーションゼロの換算21mmの超広角レンズは、人工物との相性が抜群に良い。

Location / KITTE Marunouchi Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

Ginza main street / SIGMA dp0 Quattro

小雨降る銀座、横断歩道を渡る際に立ち止まり、傘をさしながら手持ちで撮影しました。これは開放F4です。中心部はともかく、周辺部の流れや画質など、全く問題ないですよね。開放から十分使えるのも驚きです。

さて、ひと足早く使うことが出来たSIGMA dp0 Quattroですが、いよいよ明日が発売日ですね。いやぁ、すっかり惚れ込んじゃいましたよ。

Location / Ginza Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

Ginza 4-chome San-ai / SIGMA dp0 Quattro

銀座四丁目のもうひとつの顔はこちらです。
かつては三愛だったけど、今は RICOHの看板になっています。それにしても、もうだいぶ慣れてきたけど、まっすぐに写っているなぁ。
そして気のせいか、レンズとセンサーの間の膜が一枚剥がれたんじゃないかと思うくらいに鮮明なんだよね。空気感が違うというかなんというか。そもそもそんな膜は存在してないんだけど、キッチリ解像するとこうなのかもしれない。

Location / Ginza Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro

Ginza 4-chome / SIGMA dp0 Quattro

小雨の中の銀座ストリートスナップです。とは言え、ミニ三脚に据えて撮っています。銀座四丁目の顔はやはり和光でしょうか。あおり気味の構図ですが、やはりまっすぐなものはまっすぐに写っています。コレが当たり前になると、今までの広角レンズの歪みが更に気になります。
実は私、今までも広角特有の歪みが好きじゃなかったので、Photoshopで補正をしていました。でも、所詮補正なので、こうはイキません。このディストーションゼロの dp0 Quattroの登場で新たな広角レンズの幕開けになるでしょう。

Location / Ginza Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro