タグ別アーカイブ: SIGMA dp2 Quattro

理恵、誕生日オメデトウ♪

理恵のリクエストで、今年もまた Island Gallery御用達の八丁堀の名店『SHUNGOURMAND』にて誕生日をお祝いをしてきた。もうこれで5年連続だ。店長としてすっかり貫禄が出てきて、今やギャラリーのリーダーとして頼もしい存在になっている。

改めて、誕生日おめでとう♪

Location / Shungourmand Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp1 Quattro

Green Swamp / 蔦七沼遊歩道 青森

え~と、まだGWの旅から抜け出せません。
そうこうしているうちに、夏休みがもうすぐそこまで来ていますね。

さてここ蔦七沼は、紅葉の時期は大変な人手になるのですが、GWは静かなものです。そしてここはメインの蔦沼ではないので、ほとんどの方は素通りしていく場所で、これまた静かなものです。

さて、久しぶりにカメラネタでも書きます。
この撮影したdp2 Quattroですが、SIGMAのコンデジ・・・いや、ぜんぜんコンパクトでないですが、まあ、そこそこコンパクトな、レンズ交換が出来ない、単焦点ミラーレスカメラなのですが、これがですね、大型のAPS-Cセンサーを積んでいるので、ガッツリと取り組むネイチャーフォトとしても威力を発揮するのです。何しろレンズは高性能な単焦点がボディとバッチリ精度を合わせて組み込まれているわけですから、もう画面のどこを見ても淀みが無い。そしてミラーが無いのでブレにも強い。なので小さな三脚でも問題無し。
問題は単焦点なので、画角に制約が出てしまうこと。でも大丈夫。 dp Quattroは、21mm 28mm 45mm 75mmと画角違いで4機種あるので、そこそこのバリエーションが楽しめる。テレコンを使えば90mmまでいけるので、まあ、大体の風景写真は網羅出来る。
流石にdp Quattroシリーズを4台持ち歩くのは難しいが、3台までだったら十分許容範囲だ。これにミニ三脚を組み合わせれば、森などトレッキングをしながらの撮影には最強じゃないかと思う。
もっとも今時の高性能なデジカメは、優れた手ぶれ補正や、高ISO感度が得意だったりするので、誰でも簡単にそこそこの画質で撮影することが出来たりするから、dp Quattroは、その対極にあるようなカメラだ。
どなたにもオススメ出来るカメラでは到底ないのですが、人とはちょっと違う、ただの記録写真ではなく、作品と呼べるような画質で撮りたい方には、超おすすめカメラです。

Location / Tsuta-Nananuma Aomori, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp2 Quattro

Bense Marshland / ベンセ湿原 青森津軽

今頃5月のGWの写真を現像して楽しんでいます。

弘前から十三湖を経由して龍飛岬を目指そうと、ナビに入力しようとしたとき、日本海側に点在する沼が目に入り、思わず地図を拡大表示すると、国道と並走して広域農道なるものが表示されたので、ここは迷わずこのルートを選択した。

信号なんて全く無く、森の中をどこまでも続く道だった。そして点在する沼は、ベンセ湿原という津軽国定公園のひとつとのこと。どうやらシーズンは今頃からが良いらしい。一面にニッコウキスゲが咲いているというから、それはそれは壮観だろうと想いを馳せつつ、梅雨真っ只中の東京でお仕事をしています。

Location / Bense Marshland Aomoiri, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp2 Quattro


それはそうと、私が主宰しているIsland Galleryでは、ただいまイタリア人写真家のジョバンニの写真展を開催している。ギャラリーにはイタリアの風が吹いていますよ。会期は25日(日)までです。

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole
会  期 2017年6月16日(金)-25日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity