タグ別アーカイブ: SIGMA dp2 Quattro

A quiet evening in Tokyo / 静かな東京の夕暮

ファーストインプレッションの続き。
SIGMA dp2 Quattroを購入検討中の方のためにフルサイズでアップします。だって等倍鑑賞に耐えられるのはFoveonセンサーを積んだカメラしかありませんしね。そうそう余談ですが、あの5140万画素のPENTAX 645Zだって、等倍鑑賞では勝負になりません。例えばここの作例6の雪が枝にまとわりついている写真ですが、以前私が北海道で撮影し、今年のSIGMAのカレンダーにも採用された同じような状況の写真では一目瞭然です。ただ画像サイズがデカくなっただけの写真とは、所詮比較にはなりませんね。
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/645z/ex/

さて前置きが長くなりましたが、画質はこのフルサイズで確認してくださいね。昨日のドンヨリとした夕暮れの東京です。Merrillでは、この状態の現像をするのにそれなりのテクニックが必要でしたが、今回のこれは、色は撮影時のオートまかせで、SPPのパラメータではイジってません。他のパラメータもほんの少しイジっただけです。撮って出しのJPGがかなり強化されたとのことですが、私は基本撮って出しなんてありえないので、同時記録はしてませんでしたが、これを見る限りではRAWなんてイジりたくないと言う人にもかなり有効になるかもしれませんね。今度それも試してみます。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp2 Quattro

SIGMA dp2 Quattro First Shot

今日はSIGMA dp2 Quattroの発売日。
やはり私が一番最初に撮ったのは、我が家からの定点観測でした。そしてちょうどFoveon向きな夕暮れ時に撮ることが出来ましたのでファーストインプレッションをします。
解像感はDP2 Merrillと然程変わらない印象です。そもそもMerrillが高解像度だったってことですね。ただ撮れるサイズがMerrillよりもデカくなりますので、その分の余裕の様なものが感じられます。
そして色は、これはカラーバランスは一切弄っておらず、いつもよりも簡単に現像も出来そうな予感です。Merrillですと、夜景の長時間露光では、どうしても道路などに、緑被りが目立っていましたが、その現象もほとんど確認出来ません。とっても良い質感で再現されています。
その他の現像パラメータも、いつもより控えめなのに、Foveon独特の解像感と色ノリが表現出来るのは、ある意味オドロキです。もう、ジャジャ馬なんて言わせないッて感じでしょうか。ちなみに私はMerrillをジャジャ馬だなんて一度も思ったことは無かったんですけどね。

いきなり三脚に据えての長時間露光がファーストショットとなりましたが、このあと、もう少し日が暮れてからも撮っていますので次にアップしますね。この写真はオリジナルサイズでアップしています。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp2 Quattro