タグ別アーカイブ: 明治神宮

ラブラブな牛たちにニンゲンさまも見習うべきでしょうか!?(^^ゞ

この牡牛と雌牛のラブラブショット、どう読み解きますか?
あ、この写真は、海森彩生写真展ゲスト写真家の山本謙治さんのショットです。

あのね、仲睦まじいだけじゃないんです!

秘密はこちらのエントリーを参照してください。
但し、18禁なので、くれぐれもヨロシク!!
 
<<やまけんの出張食い倒れ日記>> 
二戸市浄法寺の牧野へ登る。ひつじぐもといなほと逢いに行き、彼らが秋までに食べる牧草地の線量を計りに行った。そしたら、短角牛が愛を交わす瞬間に出くわした!

ね、ニンゲンも見習うべきでしょうか!?
ふぅ・・・。

さて、やまけんさんのミュージアムトークは週末の土日に予定されています。
でもね、明日、金曜日も午後から会場にいらっしゃるとのことです。

■■
■ミュージアムトーク / 明治神宮文化館宝物展示室
 
ゲスト写真家 山本謙治 / この食を、未来へ繋ぐ。
 
~Nikon Imaging Presents~
+8月27日(土) 14:00~15:00
+8月28日(日) 14:00~15:00
施設維持協力金 | 500円
  
※予約不要 40席ほど椅子をご用意します。立ち見可。

見よ! これが水中ハウジングだ。 | 高砂淳二写真展

私は水中で写真を撮った事が無い。そもそもダイビングなるものをしたことも無い。であるからして、このような物体を見たことはもちろん無い。ナイナイ尽くしではあるが、実はシュノーケリングは何度もやったことがある。シュノーケリングというよりも素潜りだ。沖縄の版画家、名嘉睦稔の生まれ島である伊是名島では、白化現象が起こる前に、それはそれは美しい珊瑚礁の中を浮遊していた。なので珊瑚礁がどんなに美しいかは知っているつもり。

さてさて、この水中ハウジングは、明治神宮で今日から展示が始まった、自然写真家の高砂淳二さんのモノだ。私がイメージし記憶に残っている美しい海が、40点余り展示されている。もうね、ダイビングをされている方なら、もちろんのこと、ボクネンさんの描く海の世界がそのまま写真として存在している。

あれ? これって本来ならば逆だよね? 写真として存在しているから木版画がある。みたいな・・・。そう、要するにどちらも素晴らしき海の世界が表現されているってことなのです。

いつか、『高砂淳二×名嘉睦稔のコラボ展』を企画してみたいと思った次第です。

>>ゲスト写真家 高砂淳二 / いとしの海へ

会  期 | 8/17(水)~23(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (火曜は16:00閉館・入館は閉館の30分前まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円
 
■■
■ミュージアムトーク / 明治神宮文化館宝物展示室
 
<<南の島のゆかいな生き物たち>>
高砂淳二×坂部多美絵 / 月刊ダイバー 編集長
 
8月21日(日)14:00~15:00
料 金:500円(施設維持協力金)
 
※予約不要 40席ほど椅子をご用意します。立ち見可。

毎週火曜日に言っていますが、一週間が早すぎるよ。

毎週火曜日に言っていますが、一週間が早すぎるよ。自分たちで計画した事とは言え、素晴らしいゲスト写真家の展示が、たったの1週間だなんて贅沢すぎるよね。

お魚博士かわむつさんの展示は今日までです。
そして明日からは自然写真家の高砂淳二さん。

もちろん、主役は一般参加のみなさんです。
これをご覧の方で、まだ参加してないって方は、ぜひご参加を。

>>参加要項はこちらです。
http://umimori.com/subscription

会  期 | 8/17(水)~23(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (火曜は16:00閉館・入館は閉館の30分前まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円

 
 
■■
■ミュージアムトーク / 明治神宮文化館宝物展示室
 
<<南の島のゆかいな生き物たち>>
高砂淳二×坂部多美絵 / 月刊ダイバー 編集長
 
8月21日(日)14:00~15:00
料 金:500円(施設維持協力金)
 
※予約不要 40席ほど椅子をご用意します。立ち見可。

音楽界の大御所 THE ALFEEの坂崎幸之助さん

この写真、THE ALFEEの坂崎幸之助さんと、ご存知かわむつセンセーこと渡辺昌和さんです。私は坂崎さんとはこれで二度目の顔合わせだったのですが、すでに何度も、いや何年も前から知り合いだったような錯覚さえしてしまうほど、気さくにお話をさせていただいてます。流石大御所の余裕って事なのでしょうか?

さて、一方かわむつセンセーは、実は30年来の筋金入りのTHE ALFEEファンだったようで、この日は少々緊張気味だったようですが、イキモノ好き繋がりの仲間として、あっという間に打ち解けていたように思います。共通する、しかもかなりマイノリティな世界なので、仲間を見つけるとお互いにウレシイのかもしれませんね。
 

+坂崎幸之助&渡辺昌和 ミュージアムトーク
 『イキモノ好き繋がりのちょっとディープなお話』
 http://umimori.com/2223

 
 
えーと、ついでと言っちゃなんですが、私にとってはこちらも大事。
明日8月7日は、私と芝田満之さんのミュージアムトークなんです。

TINGARAとしてもアー写・・・あ、業界用語でアーティスト写真の事ね、を撮っていただいたり、PV撮影をしていただいたりしたんですが、私、撮られるのもキライじゃないんですが(^^ゞ、でへへ、それよりも、カメラマンとしての芝田さんにとても興味があったんです。

それまで何人かのカメラマンさんがTINGARAを撮影してくださいました。それぞれ個性があって素晴らしい方ばかり。そりゃそうだよね、何と言ってもメジャーが用意するカメラマンさんだもんね。当時は一応メーカーイチオシで売り出し中だったりしたので・・・。でね、その中でも、私が興味を持ったのが芝田さんだったのでした。そのあたりの話も明日出来るかな?
 
 
って事で、またしても宣伝なのだ。

サーファーカメラマンの草分け芝田満之とIslandGallery代表 石島英雄によるミュージアムトーク。明日8月7日14時から。ご予約不要。詳しくはこちらにアクセスしてね。待っとるよ。
http://umimori.com/2141

この人には敵わない。写真を超えた表現だ。 | 芝田満之


 
ここにも何度か書いているけど、私が敬愛している写真家のひとり芝田満之さんの展示が、明日から始まる。そう、明治神宮で開催中の海森彩生写真展だ。
 
今日展示替えだったんだけど、もうね、この人には敵わないなって感じです。と言うか、そもそも戦ってないので、この言葉はしっくりきませんが、デジタルとかフィルムとかを超えた何かがあるんです。芝田イズムでしょうか? 写真を超えた表現がたまりません。ぜひ、騙されたと思って実物を見に来てください。写真に対する概念が変わりますよ。
 

ゲスト写真家 芝田満之 / Shonan Story
会  期 | 8月3日(水)~9日(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (入館は閉館の30分前まで・火曜は16:00閉館)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円