タグ別アーカイブ: SIGMA sd Quattro H

Dot pattern of light / SIGMA Art 105mm F1.4 BOKEH-MASTER

近眼な私が裸眼で見ると、まさにこんな世界が広がっています。光の玉ボケがフワフワとして綺麗なんです。目が良い時はまったくイメージが湧きませんでしたが、近眼な方はわかりますよね。

まんまるな玉ボケになるボケマ『BOKEH-MASTER』だからこそ表現できる一枚ですね。このシリーズは暫く追求してみようかと思います。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 105mm F1.4 DG HSM + SFD MODE

PORTRAIT / Giovanni Piliarvu

昨日からテスト撮影をしているSIGMAのモンスターレンズ『BOKEH-MASTER』。
私が主宰するIsland Galleryで個展を開催中のイタリア人写真家のGiovanniをモデルにして試し打ちをしました。開放なのにピンが来ている部分の解像度がマジやばいな。一切の緩みが無いぞ。これなら積極的に開放を使えるね。そしてボケ味ですか?
そりゃ、なんてったって愛称がBOKEH-MASTERですよ。言わずもがなですよ。

現在開催中の写真展の紹介
Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

Model / Giovanni Piliarvu
Location / Island Gallery Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 105mm F1.4 DG HSM

SIGMA Art 105mm F1.4 BOKEH-MASTER / 異次元のレンズだ!

待ちに待った究極の単焦点、SIGMA Art 105mm F1.4、通称『BOKEH-MASTER』なるお化けレンズが届きました。実際こんなデカイ単焦点レンズをどう使うのか、使えるのかなどとつまらん事を考えてはみたものの、もうガジェットとしての魅力が完璧に勝ったのでした。
理屈なんていらねぇ。ただただ使ってみたいんだよ。

ってことでファーストショットは、このレンズの王道な使い方であろうポートレートを撮りましたが、開放の丸ボケがどんな具合なのかと、絞ったらどれくらいの解像力が得られるのかを確かめたかったので、一度に分かる方法で試してみました。

技術的な詳しいことは割愛いたしますが、簡単に説明しますと、完璧な丸ボケになると言われているF2.0とF8のSFD MODEによる合わせ技です。

いやぁ、こんな綺麗な丸ボケは見たことがありません。まるでフォトショで作り出したかのようですね。さらに、こんなガッツリ解像したデータも見たことがありません。こりゃもう異次元のレンズだね。ヤバイの一言です。

次は美女を撮りたいなぁ。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 105mm F1.4 DG HSM + SFD MODE