タグ別アーカイブ: SIGMA sd Quattro

SIGMA 12-24MM F4 DG HSM ART ゼロディストーションの凄み!!

SIGMA 12-24MM F4 DG HSM ARTのファーストインプレッションから間が空き、楽しみにしていた方には申し訳ございません。少々本業が立て込んでまして、なかなか落ち着いて検証する時間が取れずに、私もやきもきしています(^^ゞ。
とは言え、レンズの性能をチェックするのには、ある意味うってつけなのがこの定点観測だったりします。
さて、このレンズの一番のウリは、やはりdp0 Quattroと同じゼロディストーションだと思います。御存知の通り、広角になればなるほど、歪みが気になるかと思いますが、今までは、それは当たり前のことだと、半ばあきらめていたのでは無いでしょうか。が、しかし、dp0 Quattroの登場以来、ゼロディストーションって、こんなに素敵なことなんだと思い知ったわけでして、広角の歪は、ある意味レンズの『味』なんだって思い込んでいましたが、こうしてゼロディストーションの画を見る限り、歪は無い方が良いに決まってますね。

もちろんオールドレンズなどの独特の雰囲気は、味として成立するはアリで、それを否定するものではありませんが、現代ならではの最先端の高画質は、私は大歓迎なのであります。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 12-24mm F4 DG HSM

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM Art キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

うわっ、タイトルのこの顔文字、一度やってみたかったけど、やはり私には似合わないかな(^^ゞ。。。ってことで、とうとう我が家にも、この超絶広角レンズが来ました。

ファーストインプレッションは、無茶苦茶素晴らしい! 中心付近が解像しているのは当たり前として、気になるのは周辺の解像度だ。もうね、まったくもってして文句は無い。そしてこれくらいに広角になると周辺の流れも気になるのだが、何しろあの、dp0 Quattroと同じ、ゼロ・ディストーションを謳っているのだから、そりゃもう、流れなんて無いのだ。
このレンズのライバルは、おそらくCANON渾身のレンズである EF11-24mm F4L USMだろう。スペックで見れば、たしかに広角域の1mmの差はデカイ。しかしそれ以外のスペックは、ほぼ同等か、あるいは上回っているようだ。
熱烈なCANONファンは、 あの EF11-24mm F4Lが、負けるわけないはずだと思うかもしれないが、今時は、しっかりと数値で検証してくれるサイトがあるから明快なのだ。
もう有名カメラマンの感覚だけでレンズの性能を語る時代ではなくなったってことだね。にわかに信じがたい人は、一度ネットで検索してみるといいですよ。

そして何よりも嬉しいのが、半分くらいの価格で手に入れられるってことかな。でも最後にSIGMAユーザーとしては少し残念なことがある。それはsd QuattroはAPS-Cなので、焦点距離は1.5倍になってしまうことだ。もう時期登場するsd Quattro Hだと、APS-Hなので、これでなんとか1.3倍だ。やはりこんな超絶レンズを手にすると、どうしてもフルサイズでこのレンズを使いたいと言う欲求が高まるのです。

山木社長、是非ともフルサイズへの挑戦を続けてください(*^^*)

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 12-24mm F4 DG HSM

Crimson colored beech forests / 彩りのブナ林 山形月山

緑生い茂るブナ林も素敵だけど、紅く彩られたブナ林は更に素敵だ。そしてピークの色を見せてくれる期間は意外にも短い。なので偶然ではなかなか出会えない光景なんです。

カメラネタコーナー
カメラネタというよりも今回はレンズネタかな。前ポストでも書きましたが、このArt 50-100mm F1.8は、まず開放F1.8の描写が素晴らしい。ご覧の通り左のブナの木にピンを合わせているのですが、木肌が恐ろしく解像している。開放から安心して使えるレンズというのも、実はあまり無い。もちろん絞ればガッツリくるので、描写としては全く文句はない。ただ手ぶれ補正もないし少々デカイ。そして重いというのは、画質とのトレードオフになるが、この写りが得られることを考えれば納得だね。
ちなみにこのレンズはAPS-C用なので、お求めの際は気を付けてくださいね。絶対後悔しないはずです。

Location / Shizu Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 50-100mm F1.8 DC HSM

Beautiful autumn leaves / 燃える秋 山形月山

志津温泉でいつもの旅館の山菜そばをいただき、いつもの場所に移動してみる。ここは地蔵沼。四季折々に美しい光景を見せてくれるとっておきの場所だ。
ここもあとひと月もすれば雪に覆われ、来年のゴールデンウイークまで人は近づけない。寒暖差の激し場所だからこそ、これほどまでに美しいのだろう。

カメラネタコーナー
それにしてもこのSIGMA sd QuattroとArt 50-100mm F1.8の組み合わせは最高だ。ズームレンズとしては少々控えめで、たったの2倍しかないのだが、だからこその描写をしてくれる。開放から解像して、素直なボケ具合はポートレート用のレンズとして抜群に威力を発揮する。そしてこうしてf5.6まで絞れば、隅々までガッツリ解像してくれる。sd Quattroには、このレンズ無しではどこにも行けません。

Location / Shizu Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 50-100mm F1.8 DC HSM

Fall is in full swing / 深まりゆく秋 山形志津

真夜中から男友達3人と、彩色写真画家 安斉紗織の4人で、一路山形を目指して車を走らせた。目的にに向けてグングン高度を上げていくと、みるみるうちに山々が色付いていた光景が目に飛び込んできた。
どうやらロケ運が抜群に良いという伝説は、今回もまた発揮したようだ。おそらくこの日は紅葉のピークだったのではないかと思う。翌日同じ場所に行ってみると、葉はかなり散っていて、それはそれは美しい紅葉のジュータンが敷き詰められていたのだった。

Location / Shizu Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 50-100mm F1.8 DC HSM