タグ別アーカイブ: TINGARA

祭りだ祭りだぁ

祭りだ祭りだぁ

今日は東京バルバリ日本橋ぼんぼりのオーナ小林さんの3つ目のお店のオープニングレセプションに行ってきました。
“Shanti Quila(シャンティーキラ)”です。
お店のレポートは、かのグルメブログの有名人である、やまけんさんが後日詳しくエントリーするハズなので、そちらに譲るとして、日本橋界隈を歩いて行く道すがら、アチコチで祭りをやってましたので、思わずシャッターを切りました。
知っていたらデジイチを持っていったのになぁ。
このショットは Xacti HD1Aです。
でね、写真よりも意外とよかったのが、この場の音だったよ。
R-09を回したのさ。
もちろんついでに、radio TINGARAの収録もね。
こちらは明日アップしますよん。
お楽しみに。

TINGARAを聴かせて・・・

ネットのニュースでこんなのをみつけました。

『茶葉に聴かせる癒しのモーツァルト』

なんじゃこれは?
これはまだ実験段階なのだそうだが、同じ農林畜産のヘッドラインにこんな↓モノまであるぞ。

そう言えば、前に何気なく聞き流して知ってはいたけど、いやはや効果はどうなの?
その記事の中で・・・

“モーツァルトには約八千ヘルツの高周波音が多く含まれ、右脳を刺激し、ストレス軽減や業務の能率向上につながるという。 ”

とあるが、高周波だったら TINGARAさんは負けてないぞ。
と言うか、音域の話だったら、もしかしてモーツアルトよりも TINGARAの方が断然ワイドレンジだ。
何故ならば、アレンジをする上で、高周波から低周波までの音域を意識的に取り入れているからだ。

もっともだからと言って、モーツアルトよりも楽曲が優れているとは言えないが・・・
ぶはは。ちょいと謙遜と自虐が入っているが・・・。

冗談はさておき、お~い誰かぁ~~
TINGARAを聴かせて、TINGARA茶や TINGARA米、TINGARAトマト、TINGARA泡盛を作ってみませんかぁ。
お茶やトマトや泡盛のために楽曲を制作しますよ。
って、どんな音楽になるんだろうか・・・。

『YOGA with TINGARA ~太陽の光る島~』リリース

2001年から毎年アルバムをリリースしてきたけど、昨年はお休みをした。
これにはいろいろ事情があったのだが、一番の事情はつぐみの一声であった。
今年は大きな動きをしないで、来年に集中しましょう。
つぐみは時々天の声を聞いているヒトなので、この一声には迷わず従うことにした。

しかしながらそんな中でも、ありがたい事に楽しそうなお仕事が舞い込む。
それがこの『YOGA with TINGARA ~太陽の光る島~』だった。
最初は全編に渡って軽い BGMを創るくらいのつもりで引き受けたのだが、話が進むうちにクライアントさまから TINGARAサウンドを思いっきり露出してほしいとのこと。

う~ん、そうとなれば燃えないでいられる訳が無い。

張り切りましたよぉ 今回もまた。

いつもの TINGARAサウンドの特徴である琉球旋律とサンシンという、強力な武器を使わずに挑んだ今回の音楽制作は、自分たちでもビックリするくらいの進化となって、新たなるサウンドを創れたように思います。

そしてもうすぐリリースされる。

関連サイト

▼site TINGARA
 http://www.tingara.com/mt/archives/2007/04/yoga_with_tinga.php

▼YOGA with TINGARA ~太陽の光る島~
 http://www.yoga-with-tingara.com/

▼JOE OKUDA (バイノーラルサウンド)
 http://www.joeokuda.com/

▼NAKAHODO CHOJI (ジャケット写真・他)
 http://www.ryukyurise.com/

1/10の世界 ユリカモメの場合

■DivX STAGE6[高画質]
 http://stage6.divx.com/TINGARA/video/1181185/1/10-SLOW-by-Black-headed-Gull

SANYO Xacti HD1Aで撮った映像を1/10のスローにしてみました。
元は 1秒間で30コマの映像を撮っているので、これは 1秒間で 3コマと言うことになります。
チープなビデオカメラならではの、面白映像になっているね。

高画質バージョンのSTAGE6で見ると臨場感があるよ。

撮影機材:SANYO Xacti HD1A
編集ソフト:CANOPUS EDIUS PRO4

music by TINGARA
http://www.tingara.com