タグ別アーカイブ: 山形

Entrance to the spiritual place / ここは異界への入り口

今日は東京でも雪がパラつきましたね。

さてこのカットは、先週山形に Island Galleryの社員研修で行ってきた羽黒山随神門の前です。まだ薄暗いなか現地に到着し車を降りると、タイミングよくハラハラと雪が舞いだしたのでした。

ここは異界への入り口。

Location / Hagurosan Yamagata, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro


さて、しつこく宣伝です。
現在最高の画質を追求したい写真家のみなさま、どうぞ CP+2018 SIGMAブースにお越しください。
 
▶Foveonセンサーで始める超解像の世界

石島英雄 / 藪崎次郎
3月3日(土)15時10分~15時45分

Snowing in five-story pagoda / 雪降る五重塔と究極の自然音

社員研修と称して会津経由で山形に行ってきました。
図らずも雪中行軍となり、なかなかの研修旅行です。どんな会社じゃって思いますよね。これだけ聞いたらブラック企業まっしぐらな感じですが、ご覧の通り、ふたりともズボズボと雪に足を取られながらも楽しんでいました。本当に楽しかった。たぶん・・・(^^ゞ

さて、五重塔を含めて出羽三山には幾度と無く訪れています。それは『究極の自然音シリーズ』として、1年を通してフィールドレコーディングしていたからです。
その完成版はCDとダウンロードで販売もしています。よろしければチェックしてみてください。

究極の自然音 出羽三山~神さまの通り道~ | Island Sound

そして更に出羽三山の神事も一年を通してレコーディングしました。残念ながら神事編はまだ完成してません。こちらも何れ完成させたいと思います。


そしてこの時期恒例になりました『カメラと写真映像のワールドプレミアショー / CP+』で、私の愛用しているカメラであるSIGMAのブースにて、4年連続で登壇させていただけることになりました。ギャラリストとして、毎回旬な写真家と一緒にステージに上っていますが、今年は、去年、Island Galleryの登竜門的存在の三人写真展で絶大なる人気を博した、藪崎次郎さんをお迎えして『Foveonセンサーで始める超解像の世界』というお題に挑みたいと思います。

現在最高の画質を追求したい写真家のみなさま、どうぞご来場ください。

3月3日(土)15時10分~15時45分
石島英雄 / 藪崎次郎 / Foveonセンサーで始める超解像の世界

Location / Hagurosan Yamagata, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp2 Quattro

SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM / 朝靄の白川湖を撮る

朝靄が立ち込める水没林もまたいいね。

さて最近よく耳にする単焦点並みの画質を誇るズームレンズなんていう言い方をしているモノがありますが、どんな単焦点と比較しているのだろうか・・・。最近のSIGMAのArtレンズじゃないよね。やはり単焦点でしか得られない世界があると思う。

Location / Shirakawa Lake Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 135mm F1.8 DG HSM

Early morning submerged forest / 早朝の水没林 白川湖

ゴールデンウィークは東北をマイカーで一廻りしてきました。いつもの行き当たりばったりの旅です。という事で、まずは真夜中から出発して目指すは山形県の白川湖。

数年前に行った時ほどのコンディションではありませんでしたが、それでもこのカットには満足です。年に一度だけ雪解け水により水没するこの光景は、本当に美しい。

さてこのカットですが、真ん中の左寄りのXの字に見える木にピンを当てました。ご覧の通りほぼ無風だったため、鏡のような水面でした。なのでSFD MODEにて撮影を試みました。PCの画面では伝わりにくいかもしれませんが、超絶な解像をしているこのカットは、我ながら惚れ惚れいたします。

Location / Shirakawa Lake Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 85mm F1.4 DG HSM