日本の宝です。 / 日本一の鮨、もり田


はいはい、またまた行って来ましたよ。日本一の鮨屋さん、小倉のもり田。
前回行ったのが五月の連休だったからまだ二ヶ月しか経ってなかったのね。思えば叶うものだな。つくづくそう思います。と言うか、イメージしないと何も起こらないんだよね。まずはイメージからだね。で、前回は写真も撮らなかったんだけど、今回はほぼ貸切状態だったので数枚撮らせていただきました。

どうです、このお顔。75歳にして現役。
今もまだ修行中だって言い張っています。
東京に来たら、真っ先に評判の鮨屋に行くそうだ。

凄すぎるっ!
出来るだけ現役でいてほしい。
日本の宝ですよ。

また近いうちに行きたいな。
そうイメージしておこう♪

▼関連サイト

+日本一の鮨屋のお話 | 小倉の『もり田』 / ひでおちゃんねる
+こん人に会いに行ったとよ。/ ちゅらスタイル
+拝啓 日本一美味しいお寿司屋さん『もり田』の大将様 / さおたんのしっぽ

Loading Facebook Comments ...

日本の宝です。 / 日本一の鮨、もり田” への7件のフィードバック

  1. 私も日本一のお鮨「もり田」でいただいているイメージを思いっきり描きます!(笑)

  2. 思えばかなう!
    ひでおしゃんは念が強いね!
    それにしてもいい笑顔!
    そしてとても75歳には見えませんね!
    人間は年齢ではないですね!

    日本一の鮨!食べてみたいわ・・・!

  3. 2回り行っちゃいましたか?

    熊本のお仕事早めに決めましょうね。(^_-)-☆

  4. 美味しいお寿司は仰る通り日本の宝ですね。
    私はまだ本格的なおすし屋さんは、築地で一回だけ行った事があるだけですが、それでもとても美味しかったです。
    美味しいものを頂いて、気分もリフレッシュですね。

  5. フェリーチェさん
    おぉ、既に旦那も同じイメージをお持ちのご様子ですから、近いうちに実現するかと存じます。その時はご紹介しますよ。

    ムナさん
    ぶはは、既におふたりとも強いイメージをお持ちですから、まったく問題なく実現するでしょうね。ただし、まじ予約が取りにくいので注意が必要です。

    寅さん
    さすがに、二周りは出来ませんでした。
    あの時はなんだったんだろうか・・・
    若かったのか(^^♪。

    で、はよ熊本のお仕事ゲットしてくださいね。
    誠に勝手ながら、そのお仕事のイメージもカンペキなのです。
    ぶはは。

    章光さん
    そうそう、鮨屋そのモノが、日本が誇る宝なんですよね。
    良い国に生まれました。

  6. 念願叶って2度目のもり田を堪能できました。
    あそこはまるで天国ですね。すごい職人の技が光るのに、笑顔と和める空間の中でゆったりと味わえる。
    すごい。ほんとにすごい。最高の一夜でした。

  7. つぐみしゃん
    優れた料理人はアーティストに匹敵するよね。
    TINGARAも負けてはいられませんね。
    ぶはは。

    ぼちぼちエンジンかけましょうかね。
    って、おぃおぃ!>俺。

コメントは停止中です。