「花」タグアーカイブ

表と裏のひまわり

思いっきり太陽に向いているひまわりをガッツリ順光で撮るひまわりが好きだ。
いやいや、後ろから逆光で撮るひまわりもまたいいんだな。

望遠端 400mm 開放 F6.3のボケが素晴らしい!

あ、そうそう昨日発表になった SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sportsも俄然気になるよね~。

Location / Yamamotoyama Niigata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS

太陽の花 / Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS

今が盛りとばかりに咲き誇る、その名も『太陽の花』。
私が所属する音楽ユニットTINGARAのアルバムタイトルでもある。
そんなこともあって、ひまわりは特に思い入れがある花になった。

去年は縁がなかったけど、今年は無理やり縁を繋いで撮影してきました。

レンズネタです。
花畑を撮るのに重宝しているのがSIGMAのライトバズーカことContemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OSです。その名の通り400mmなのに超軽量なのだ。よって三脚など立てる必要もなく、バシバシ手持ちで撮影が出来る。しかもこの画質だよ。
使う前は望遠端が F6.3なのですこし暗いかとも思いましたが、まったくそんなことはなく、手ブレ補正もバッチリ効いてくれて、何よりもボケが美しい。

例えばこの2枚は、上が開放 F6.3で、下がF18まで絞りました。
上のカットは開放 F6.3で撮影しています。画面の中心付近にピンを置いていますので、前ボケも後ボケも確認出来るかと思います。なかなか良いですよね。

下のカットはF18までガッツリ絞り込みましたが、それでも400mmともなれば、前も後ろもそれなりにボケはあります。

さて、みなさんどちらがお好みでしょうか?

追記のレビューです。
電子ビューファインダー ELECTRONIC VIEWFINDER EVF-11ですが、今回のようにピーカンのロケーションの場合、どうしても背面液晶では要がたりません。こんなときに重宝するのがこの電子ビューファインダーです。しっかりピンの山もつかめるし、何よりもこんな望遠レンズですと、ファインダーを眺めながらの撮影スタイルの方が、より手ブレを防げて良いかと思います。
折角コンパクトなSIGMA fpLにこんな野暮なアクセサリーと思うなかれ、一度使ったら手放せませんよ。要は使い所だと思います。

Location / Yamamotoyama Niigata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS

早朝の古代蓮の里 / SIGMA fpL + Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS

早起きをして古代蓮の里へ行ってまいりました。
ちょうど梅雨明けと言うこともあって、無茶苦茶暑かったです。それでも午前中、しかも早い時間だったので、まだマシだったようですね。午後には36度をマークしていたようです。

さて撮影ですが、今回はSIGMA fpLにContemporary 100-400mmの組み合わせで挑みました。と言うのも、蓮の撮影に行ったことがある方はご存知かと思いますが、被写体までは意外に遠く、花ならマクロだよね~と普通は思いがちですが、望遠が威力を発揮するのです。

それにしてもカメラ愛好家?の方たちの元気なことと言ったら、もう驚きです。
亀爺さまと亀婆さまが、ガッシリした三脚に立派な一眼レフに大砲をくっつけて、ぶっ放していました。これには参りました。

一番良いポイントに集団で陣取って、ワイワイガヤガヤとやっているわけですから、一般の観光客には少しだけ迷惑な存在だったかなぁ。

ワタクシはSIGMA fpLにライトバズーカが相棒だったので、集団に混じってサクサクとこれらを撮影することが出来ました。それにしてもこのライトバズーカの手ブレ補正の優秀なこと。望遠端である400mmでもビタッと止まってくれたのには感動モノでした。三脚なんていらね~ぜ(^^♪

とは言え、光さんさんの下では、やはり電子ビューファインダーは欲しかったなぁ。やはり導入を考えなくちゃだね。

Location / Gyoda Saitama ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS

Blue Rose

私が主催するIsland Gallery店長 宿谷麻衣の個展が、現在渋谷のギャラリーで開催中だ。
それに呼応して9人の写真家が花をテーマにスクエア作品を出品している。

私もオンラインで応援エントリーをします。

+CAMERA
-SIGMA dp3 Quattro

宿谷麻衣 花入れ展『兎百態』
同時開催 写真展『花は咲く』


この度、Island Gallery より陶芸家としてデビューさせていただきます。
大好きな陶芸でまたものづくりができる喜びと感謝を胸に、わたしのうさぎたちが皆様の生活の彩りのひとつになりますように。
ぜひ、あなただけの一匹を見つけていただけたら嬉しいです。

宿谷 麻衣 / Mai Shukuya

 

会  期 2021年4月6日[火]-11日[日]( 最終日 17:00 まで )
入場無料 open 11:00-18:00
主  催 Island Gallery
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
会  場 アートギャラリー道玄坂
     東京都渋谷区道玄坂 1-15-3
     プリメーラ道玄坂 102
     Phone / 03-5728-2101

同時開催写真展『花は咲く』
宿谷麻衣の初個展に寄せてIsland Gallery の写真家たちが、花の作品で華を添えてくれました。
ギャラリーいっぱいに広がる小さな花写真も合わせてお楽しみください。

[ 参加写真家 ]
安斉紗織 / 荒井沙織 / 栗田ゆが / 柴田 祥 / アキラ・タカウエ
ジョバンニ・ピリアルヴ / 山本謙治 / 藪崎次郎 / 平山孝一

SIGMA fpのISO6で蓮を撮る

彩色写真画家 安斉紗織の個展で大阪に来ています。

久しぶりに雨も上がったので、少しだけギャラリーを抜け出して散歩です。
蝉もここぞとばかりにミンミン言っております。
いよいよ夏だね~。

で、春は一体いつ来たっけ? なんてボケてみる。
何しろここは大阪だもんね(^^ゞ。

さて、美し蓮畑に出会いました。
普通に撮ってもオモシロクないから、ちょいと工夫してみる。


こちらは普通に撮影したもの。


これも普通に撮影したもの。


SIGMA fpのISO6 はこんな使い方をするとオモシロイよ。


フィルター無しに、ただシャッターを切るだけで、こんな感じに撮れます。
どうぞお試しあれ。

Location / Osaka ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp
-Contemporary 45mm F2.8 DG DN


安斉紗織 彩色写真画展
~焔花 Best Selection~

https://islandgallery.jp/18698