「花」タグアーカイブ

Lotus Petals 02

今が盛りと咲き誇る古代蓮の沼の水面に目をやると、 静かに漂っている花びらを発見。 自然が創り出した美に、しばし心を奪われました。
Location / Gyoda Saitama ,JAPAN +CAMERA -SIGMA fp L -100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

Lotus Petals 01

雨が降るとの予報から、日の出直後を目指して古代蓮の里へ。
Location / Gyoda Saitama ,JAPAN +CAMERA -SIGMA fp L -100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

10年前のRAWデータを最新技術で蘇らせてみた / SIGMA dp3 Merrill

自然写真でアートフォトとして発表するとなると、やはりPhotoshopなどのアプリで大なり小なり調整はしたい派です。 そしてRAWデータで残しておけば、アプリや自分自身の進化により、最初に現像して仕上げたときよりも、更にレベルをあげられる可能性もあります。 という事で、10年前に撮影したRAWデータを最新の技術で『琳派』をイメージして現像してみました。 琳派の作品には、美しい色彩や独特なデザインが特徴的であり、美意識が高く、日本の伝統文化を感じさせます。琳派は、美意識の高い芸術的な価値と、実用性を併せ持った日本の美の象徴の一つだとの想いから、私なりに写真での表現を試みました。 それにしても10年前のこのカメラ、SIGMA dp3 Merrillですが、私にとっては未だに最高のカメラのひとつです。Foveonセンサーの超解像度と独特の色ノリが大好きです。 最後に付け加えますと、これは撮って出し派を否定するものではありません。 最終仕上がりをイメージして完璧に光をコントロールして勝負している、特にポートレート系の写真家さんは本当にスゴイと思います。むしろリスペクトさえしています。
Location / Nagano, JAPAN +CAMERA -SIGMA dp3 Merrill

SIGMA 50mm F1.4 DG DN | Artで浜離宮恩賜庭園を撮る

梅には少し間に合いませんでしたが、菜の花は満開でした。 さてこの日は、SIGMAからリリースされたばかりの50mm F1.4 DG DN | Artの1本勝負でした。 本来ならばもう少し絞らないと絵になりにくいのですが、折角ですから開放のF1.4で撮っています。ピンがきている部分の浮き上がり方が気持ちいいし、前後のボケも美しいですね。 4枚目だけはF2.8まで絞っていますので、やはり安定感はありますが、それでも梅の浮き上がり方は気持ちいいですね。
Location / Hamarikyu Gardens Tokyo ,JAPAN +CAMERA -SIGMA fp L -50mm F1.4 DG DN | Art