タグ別アーカイブ: 定点観測

Sunset in Tokyo / 本日最後の光

もうすぐ我が家からは、日没を見ることは出来なくなります。
実は日の出もです。
2ヶ月間くらいかな。
冬が来たなって感じになります。

カメラネタ&レンズネタです。
肉眼で見ても眩しくて直視出来ないくらいの逆光で、普通だったら諦めるところですが、このレンズとSFD MODEの組み合わせなら、少しはなんとかなるかもと思い、シャッターを切りました。カメラにとってもレンズにとっても、かなり意地悪でシビアな状況です。
決して太陽を入れるのは得意なカメラじゃないけど、これ、まぁまぁイケてるんじゃない。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 14mm F1.8 DG HSM

Tokyo Now! / トーキョーナウ

自宅仕事の時は、どうしてもお外が気になります。
ちょこちょこ確認してしまうのです。
いえ、ちゃんとお仕事もしています。

それにしてもこの空どうよ。
天気予報では晴れなのですが、ひと雨来そうな感じです。

そしてレンズネタを少々。
このArt 24-70mm F2.8ですが、たぶんこのズーム域としては、かなり優秀なのかもしれませんが、やはり日頃 Artラインの単焦点を愛用しているモノとしては、やはり物足りません。しかし手ぶれ補正も優秀なので、お散歩用のスナップでは大活躍してくれるかな。
とは言え、この写りであーだこーだと言うのは、Foveonを知っている人くらいかもしれない。これはもう、ほぼビョーキなのである。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM

Perfect night view of Tokyo / 完璧な夜景の東京

これだけ完璧でクリアな東京の夜景は久しぶり。

さて、カメラネタです。
SIGMAのカメラは高ISO感度には滅法弱いのは周知の事実ですが、このようにISO100限定ならライバルはいない。加えて2倍にも満たないズームレンズ Art24-35mm F2の描写は単焦点に匹敵するほどだ。よって、Art24mm F1.4 と Art35mm F1.4の出番はかなり減ることになったのでありました。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 24-35mm F2 DG HSM

First Impression / FUJIFILM GFX 50S + GF23mmF4 R LM WR

なんと私の手元に今、あのFUJIFILMの中判カメラ GFX 50Sがやってきた。いや、お買上げした訳ではありません(^^ゞ。無理無理無理~~~(^^ゞ
だって実勢価格を調べてみたら、ボディだけで70万円強でレンズは30万円だよ。合わせて100万円超え~~~(*^^*) 私には過ぎた機材だわ。

いやいや気を取り直して、折角なのでいつもの定点観測でテスト撮影をしてみたのでファーストインプレッションをしましょう。

最近ではすっかりSIGMAのFoveonなカメラの使い手になっておりますが、その昔CANON 5Dmk2を愛用しておりました。その時点では画質においてはナンバーワンだったように思います。NIKON D800が出るまでは・・・。CANONユーザーとしてはちょっと悔しかった。要するに画質に拘っているのです。ならさっさとNIKONNにに乗り換えれば良かったじゃんと、ツッコミが来そうですが、レンズ資産が半端なかったんです。厳密には私が所有するレンズではないのですが、ここではそのお話は割愛します。ってことで早くCANONでも高画質のカメラが出ないものかと願っていましたが、それは5DsRが出るまで待たなければならなかったですよね。
まあ、そんなこんなと悶々としているうちに、SIGMAとの幸運な出会いがありました。なんてったって私が望んでいる画質番長だったからです。そこから徐々にFoveonにハマりつつ現在に至る訳ですが、あ、いや前置きが長いですね。ってことでGFX 50Sのファーストインプレッションです。
中判カメラってことでセンサーが巨大です。ただし5140万画素と中判フォーマットとしては少々控えめな感じではありますが、なんというかベイヤー機にしては、余裕が感じられました。流石にセンサーサイズがデカイというのはこういうことなのかってことを実感しました。
さて今回のこのカットは夜明けの東京ですが、ネットに載せる2048pixにリサイズしてしまえば、もうまったく文句の付けようがない感じです。と、なんとも意味深な書き方をしていますが、オリジナルサイズの等倍ではやはり鑑賞には難しいようです。データの等倍鑑賞になんの意味があるのかと言われればそれまでですが、本当の興味はその先にあって、大判プリントにした場合は、どの程度のクオリティなのかってことなんです。それは近々私が主宰するIsland Galleryの企画でお披露目いたしますのでお楽しみに。

さて、画質を語るにおいて、もう一つ重要な事があります。それは色の再現性です。光がたっぷりある真っ昼間ならともかく、こんな夜明け前のアヤシイ光ですと、メーカーごとにクセが出てくるものなのですが、このGFX 50Sにも、かなりクセがありました。それを補正するのに意外と苦労しましたが、とは言え慣れてしまえばすぐに出来る話しなので問題は無いとは言え、Photoshopなどのツールを使いこなせない人には、結構厳しいかもしれませんね。もっとも、こんなお高いカメラを手にする人は、まったく問題ない話しではありますね。
ちなみにQuattroセンサーは、ほとんど色補正をせずとも、ナチュラルな仕上がりになります。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
FUJIFILM GFX 50S + GF23mmF4 R LM WR

Dawn of the big city / 大都会の夜明け

なんとも不思議な光だと思いませんか?
同じような陽の光でも、朝と夕ではなぜか違うんですよね。

ちなみにこちらのカットは夜明けなのですが、おそらく人間活動がまだ始まってないので、街全体がひっそりしている、空気が綺麗、ビルに灯りが無い、、、
最近では東京の夜景を撮る方は大勢いますが、夜明けの光を撮る方はまだ少数派かな。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp3 Quattro + SFD MODE