「ネイチャー」タグアーカイブ

ゴトビキ岩 神倉神社への道

道というよりも険しい石段。
そして神倉神社への参道だ。


この写真では伝わりにくいかもしせませんが、この石段尋常じゃない急勾配なんです。
四つん這いに、、は大袈裟ですが、石の階段とは言えちょっとした岩場の登山です。


どうにか山頂に到着出来れば、そこには巨岩を背負った小さな神倉神社が目に飛び込んできます。やはりこういう場所がパワースポットになるのでしょうね。合掌。

Location / Kamikura Shrine Wakayama ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 24mm F3.5 DG DN

熊野那智大社の御神木が凄い!

当たり前ではあるが、御神木のパワーが半端ない。
特に霊感など無い私でも、そばにいるだけで圧倒されてしまう。

さてこの感覚をどう写真に収めようか。
少しでもみなさまに伝われば幸いです。

  ✺✺✺ご利益ご利益 合掌✺✺✺

Location / Kumano Nachitaisha Wakayama ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Art 14-24mm F2.8 DG DN

Blue Moment / 橋杭岩の夜明け 串本和歌山

朝焼けを期待し早起きをして現場に到着。
しかしながら分厚い雲に覆われてちょい焼けです。

おやおや!
でもこの雲、よ~く見ると火の鳥ではあるまいか!?

なにやら朝からご利益がありそうな気がした。

Location / Hashikui-iwa Wakayama ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Art 14-24mm F2.8 DG DN


撮影技術ネタ
普通この手の長時間露光はNDフィルターを使うことになるのだが、SIGMA fp Lには ISO6まで使える鬼機能がある。ちなみこのカットのEXIFデータは以下の通りだ。

 ISO 10
 F 8.0
 SS 30S

絞りはF8で30秒露光。
そこから導かれたISOが10だった。
こうなるとNDフィルターを使う機会がめっきり少なくなる。

ただしISO100以下は複数カットの合成になるので、ちょいとトリッキーな技術になる。よって動きモノなどは、破綻することもあるので注意が必要です。

早朝の古代蓮の里 / SIGMA fpL + Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS

早起きをして古代蓮の里へ行ってまいりました。
ちょうど梅雨明けと言うこともあって、無茶苦茶暑かったです。それでも午前中、しかも早い時間だったので、まだマシだったようですね。午後には36度をマークしていたようです。

さて撮影ですが、今回はSIGMA fpLにContemporary 100-400mmの組み合わせで挑みました。と言うのも、蓮の撮影に行ったことがある方はご存知かと思いますが、被写体までは意外に遠く、花ならマクロだよね~と普通は思いがちですが、望遠が威力を発揮するのです。

それにしてもカメラ愛好家?の方たちの元気なことと言ったら、もう驚きです。
亀爺さまと亀婆さまが、ガッシリした三脚に立派な一眼レフに大砲をくっつけて、ぶっ放していました。これには参りました。

一番良いポイントに集団で陣取って、ワイワイガヤガヤとやっているわけですから、一般の観光客には少しだけ迷惑な存在だったかなぁ。

ワタクシはSIGMA fpLにライトバズーカが相棒だったので、集団に混じってサクサクとこれらを撮影することが出来ました。それにしてもこのライトバズーカの手ブレ補正の優秀なこと。望遠端である400mmでもビタッと止まってくれたのには感動モノでした。三脚なんていらね~ぜ(^^♪

とは言え、光さんさんの下では、やはり電子ビューファインダーは欲しかったなぁ。やはり導入を考えなくちゃだね。

Location / Gyoda Saitama ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS