「定点観測」タグアーカイブ

The Rite of Spring / 春の祭典

これは日曜日の情景です。
ステイホームで一日お利口さんにしていたら、ご褒美がもらえました。

雲の形が鳳凰のように見え、更に夕陽も良い具合に色付いて、まるで『火の鳥』のようです。もうお気付きですね。タイトルの『春の祭典』は、ご存知ストラヴィンスキーの『火の鳥』から着想を得たものです。

オーケストラを指揮しているかの如くシャッターを切りました。

このあとカミナリも少しお出ましになられましたが、大して暴れずにお戻りになられたようです。

実は待ち構えていたんですけどね。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 24mm F3.5 DG DN

First Impression / SIGMA fp L

おニューのカメラ、SIGMA fp Lでのファーストカットはやはり我が家からの定点観測です。

SIGMA fp LはSIGMA fpの高画質バージョンなので、オリジナルデータで6,100万画素もあるのに、それを更にAdobe Photoshopの新機能の画像強化で、2億3000万画素のデータしてみた。

4K動画も編集出来ていた私のノートPCでも、1枚仕上げるのにヒーヒー言っております。
ってことで、いつものように我が家から撮影した東京の夜景が、ものスゴイ事になっています。

折角なのでJPGではありますが、オリジナルデータも公開しておきますね。

もうね、ヤバイです。
何がって、そりゃ見ればわかります。

ご興味がある方は、是非ダウンロードしてチェックしてみてください。

▼ORIGINAL SIZE
https://drive.google.com/file/d/13Pzt2nImP7vOP09rIWkBfI4KtiDUMBAU/view?usp=sharing
 
 
Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fpL
-Contemporary 35mm F2 DG DN

SIGMA fp Lに想いを馳せてみる

最近、Adobe Photoshopの新機能であるスーパー解像度がお気に入りになっています。
こうしてブログに載せるだけでしたら完璧にオーバースペックではありますが、そうとも言えず、スーパー解像度にして一通りのレタッチをしたあとリサイズした方が、仕上がりに違いが出るのです。まあ、それが私以外の人が気付くかは別の話ですが・・・

おっと、そう言えば、昨日私が愛用しているSIGMAからおニューのカメラが発表になりましたね。そうです、SIGMA fp Lですよ。これはざっくり言えばfpの高画質バージョンです。
これが全く私のツボでして、このブログを読んでいる方はご存知のように、私は自他共認める高画質オタクなのです。高画質にはとことん追求したいタイプなので、このfp Lは大歓迎。と言うかワクワクしちゃいます。

ところで、fpのどこが好きって、そりゃもうあの超コンパクトで、とことんミニマルなデザインが大大大好きなのです。fp Lはそのデザインはそのままにセンサーだけが高画素になっていると言うじゃありませんか。こりゃ期待しないではいられません。
そして何といっても、6,100万画素ですよ。あの筐体にこれは凄すぎます。もっとも今は1億画素なんて化け物も普通に存在していますから、数字だけでは大したこと無いよね~と思うかもしれませんが、フルサイズでは今のところ最高峰の一台となる訳で、凄い時代になったものだと思いました。今から楽しみでなりません。

あ、そっか、fp Lのデータをスーパー解像度にすると2億4500万画素になるのか。うわぁ~~~。ノートPCじゃ厳しそうだわ。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp
-Contemporary 65mm F2 DG DN

Adobeスーパー解像度 VS ハイレゾモード

Adobe Photoshopに最近搭載さた新機能であるスーパー解像度とPanasonic Lumix S5に搭載されているハイレゾモードを検証してみた。

ちなみに Lumix S5は24M画素のセンサーです。

スーパー解像度もハイレゾモードもオリジナルサイズからちょうど同じ4倍の96M画素とななります。

検証開始
まずはそれぞれの説明です。

ハイレゾモードについて(パナソニックサイトより抜粋)
ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)の機構を活かして、センサーをシフトさせながら8回連続で自動撮影を行い、カメラ内で自動合成処理を行うハイレゾモード※1を搭載しました。通常撮影時に比べて4倍の画素数にあたる画像サイズで、最大約96M相当の高解像写真を生成。

スーパー解像度について
スーパー解像度はPhotoshopやLightroomのCamera Rawに搭載された新機能で、ざっくり説明すると、最新のAI技術によりにより、ピクセル数を縦横それぞれを2倍にし、つまりトータルで4は倍のサイズになることになります。
今までも画像の拡大は出来たのですが、今回のスーパー解像度はレベルが違いました。

とう言うことで私のレビューとしては、どちらもそれなりに使えます。

ただしハイレゾモードの弱点としては、8回連続撮影中に少しでも動きのあるものに対しては、ブレとしてデータが生成されてしまいます。それも最近ではだいぶうまく処理ができるようにはなっていますが完璧ではありません。とは言え、使い所では威力を発揮します。

そして今回注目のスーパー解像度については、まずはハイレゾモードのようなリスクは無いのは良いところではありますが、いくらAI技術が進化しているとは言え、ある意味、所詮はデータ補間なので、当然のことながら、こちらも完璧ではありません。

さてそれでは両者を比較してみます。
アップロードしたデータで確認していただければわかるかと思いますが、一見するとハイレゾモードの方は少々眠い画になっています。これはRAWからなにもせずJPGに変換しただけなので素の状態です。普通はこれにアレヤコレヤの現像作業をしますので、素のデータ自体はフラットな絵作りとなります。

一方、スーパー解像度については、一見ハイレゾモードよりも高精細に見えるものの、私からすれば過度にシャープネスが掛けられているように見えます。一旦シャープネスを掛けられてしまうと、元のフラットな状態には戻せないのが難点です。
このあたりのアルゴリズムはAIがもっと進化すれば、更に良くなるかと思われます。
ただしデジタルで100%の等倍チェックしたときにだけ見えてしまうことなので、大判プリントにした場合は、むしろちょうど良くなる可能性もあります。これは実際にプリントしてみなければわかりません。

では結論は・・・
どうしても大きなデータが欲しい場合、そして究極の高画質を望む場合は、やはりちゃんとカメラの選定からした方が良いと言うことですね。
とは言え、ハイレゾモードもスーパー解像度も使い所によってはかなり使えます。

ハイレゾモード+スーパー解像度
さて、最後におまけとしてハイレゾモード+スーパー解像度を実験してみました。単純計算で96M画素の4倍となりますので384M画素となります。これはワクワクしますよね。

で、結論は・・・
全く使えません。なぜか100%でチェックするとデータが破綻していました。おそらくAIがハイレゾモードのデータをうまく認識してないのだと思います。そもそもハイレゾモード自体もカメラ内で8枚のデータを合成しているので、データレベルで見た時は、無理があるのかもしれませんね。残念。これは今後に期待ですね。

それぞれのオリジナルサイズはこちらにアップロードしました。
ご興味がある方は、是非自分の目で検証してみてください。

https://drive.google.com/drive/folders/1kppRWEkO2JiUI5HAE1YL_IpD8AWdmW8L?usp=sharing


Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-Panasonic Lumix S5
-Contemporary 45mm F2.8 DG DN

SIGMA fpが2400万画素から9600万画素になる!!

フォトショップの最新機能であるスーパー解像度なるのを試してみた。
結論から言えば、これは使える!

高解像度オタクの私としては、これは是非とも試しておかなければならない機能だ。
高画質至上主義の私が愛用しているFoveonセンサーは、他を圧倒する高画質番長として君臨しいると信じているので、例え最新の1億画素のセンサーのカメラであろうと、まったく負ける気がしない。いや、流石にこれはちょっと大袈裟かもしれないが、デジタルデータにおいて、ピクセル等倍での勝負なら、あながち間違ってはいないハズだ。
ところがもし大きなサイズにプリントするとなると、画像サイズについても見逃せない大切な条件になってくるのは事実だ。

まあ、マニアックな能書きはここまでにして、この作例をチェックしてみてください。
フォトショップの最新機能のである、スーパー解像度というのを駆使すれば、このSIGMA fpの2400万画素が、なんと9600万画素クラスにアップコンバートが出来る。
まあ、今までもフォトショップで普通にアップコンバートは出来たのだが、今回のはそれとは次元が違う気がする。
何というか、アップコンバートしたときの特有のモヤモヤ感が少ないのだ。
つまり極端は感覚では、画質はそのままに画像サイズを4倍に出来るという夢の技術なのだ。
ちょっと極論で褒めすぎかもしれないので、話半分に聞いてもらった方が良いかもなので、いずれ機会があれば実際にプリントして検証してみようと思う。

興味がある方は、こちらからオリジナルサイズをダウンロードしてチェックしてください。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp
-Contemporary 65mm F2 DG DN

#SIGMA #SIGMAfp