「ネイチャー」タグアーカイブ

SIGMA CALENDAR April 2020 / 桜の里山

コロナ旋風が凄いですね。
これは本当にマズイ状況です。
先が見えないのが不安ですよね。

今は嵐が過ぎ去るのを待つしかない。


タイトルの通りこのカットは、今年 2020年シグマカレンダーの4月に採用していただきました。少し標高が高い場所なので4月の後半にはこんな光景を見ることが出来ます。

これを撮影した時は、そこまで有名ではない場所だったので、カメラを構えている人はこの時点では4・5人しかいませんでした。今は結構な人気スポットになったらしく、まあまあの混雑とのことです。なのでここではあえて場所も特定しないようにしています。

もし行ったとしてもこのご時世なので、混雑していたらさっさと撤収するのが良さそうですね。私は今年は大人しくしていることにします。

Location / Nagano ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 50-100mm F1.8 DC HSM

Emerald landscape / エメラルドな風景 五色沼 福島

一泊二日で会津経由出羽三山へ、社員研修と称する旅に行ってきました。
それにしても今年は何しろ雪が少ない。
やはり雪国にには雪が似合うよね。

そして今日あたりからその雪国も本気を出してきたようで、すぐにでもまた行きたいな。

Location / Goshikinuma Fukushima ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp
-Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM

SIGMA fpとArt14-24mm F2.8とArt24-70mm F2.8のレビュー / ニセコ 北海道

どうやら今年の冬は北海道に限らず、どこも雪が少ないようですね。
雪景色が大好きなので、このまま春になってしまったら少々淋しい。

さて、久々にカメラネタを少々・・・
▼下の方に続いています。



SIGMA fp / Art 14-24mm F2.8 DG DN
 
 

SIGMA fp / Art 14-24mm F2.8 DG DN



SIGMA fp / Art 24-70mm F2.8 DG DN
 
 

SIGMA fp / Art 24-70mm F2.8 DG DN

それにしてもこのArt14-24mm F2.8とArt24-70mm F2.8ですが、日頃単焦点派のワタクシは、ズームレンズに過度な期待はしてないのですが、これがもうあっさり期待を裏切られて、F2.8以上の明るさを求めることが無い限りは、これで十分じゃないかと思わせる画質にビックリです。

そして10月末に発売されたばかりのSIGMA fpについても少々レビューをします。
私は基本あまりスナップは撮らないのですが、フルサイズでありながら超コンパクトなカメラSIGMA fpを手にしたとき、毎日持ち歩きたくなるワクワク感が湧いてきて、今では、特に撮影の予定がないときでも、バッグにはこのカメラを忍ばせています。いや、もっと言えば、このカメラを持ち歩くのにちょうど良いバッグ選びからやりました。

フルサイズのカメラをこんな風に毎日持ち歩くなんて考えもしなかったのですが、手にしているだけでも楽しくなってしまうギア好きにはたまらないデザインだし、意味もなくシャッターを切りたくなる、そんなカメラなのです。

デザインがカワイイとか素敵だというのはともかく、もっともそれも大事だけど、カメラである以上、肝心の画質はどうなのかってことは気になりますよね。実は私、みなさまもご存知のように、SIGMAのFoveonセンサーが大のお気に入りでして、画質に関してはこれが一択なんです。
ところがこのSIGMA fpはあろうことか、SIGMA製のカメラなのにベイヤーを採用するという、古くからのSIGMAファンを驚嘆させたのでした。よって画質云々よりは、フルサイズなのに超コンパクトなので、究極のスナップシューターとして活用出来ればいいかなくらいのイメージでした。

さてこの2ヶ月あまり使用した軽いレビューの結論ですが、当初期待をしてなかった割にはかなり良いです。A2サイズ以上のプリントを視野に入れなければ、これでもイケる感じです。色味もベイヤー臭くなくて、何気にFoveonライクなのも好印象です。

そして私が密かにSIGMA fpに期待していたのはスチールよりもムービーなのでした。実はこれが秀逸でこんなにコンパクトなのに本格的な4Kムービーが撮影できることに大きな魅力を感じていました。
これが期待感をそのままに、無茶苦茶美しい映像が記録出来ちゃいました。いやぁ、本来ならば動画機能はオマケ的な存在のところ、実はこちらが本命なのではと思わせる実力を秘めていたのでした。
更に私はまだ試してませんが、RAWにも対応してて12bit CinemaDNGで記録も出来る本格派なのです。残念ながら今のところそこまでの映像を撮る予定がないのですが、何れ試してみようかと思います。

とまぁ、いきなりこんなにトンガッたギアを製品化してくるとは、恐るべしSIGMAなのであった。なお、現在SIGMA fpで撮影した映像についても、今後YouTubeなどでお披露目していきますね。

Location / Niseko Hokkaido ,JAPAN