「映り込み」タグアーカイブ

Sakura of the Dark Night / 闇夜のさくら

このカットは数年前に撮りました。
闇から薄っすらと光が差し込んできたときの光景です。早く自由に行動できるようになってほしいですね。
なかなか厳しい時間が流れています。
どうかみなさまもご無事でいてください。

Location / Nagano ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro
-Art 50-100mm F1.8 DC HSM

SIGMA fpで ISO6400の夜景を手持ちで撮る

SIGMA以外のカメラではもう当たり前になっているのかもしれないが、シグマーな人々にとっては驚きのISO6400だ。

手持ちでこんな夜景を撮ろうとは夢にも思わなかった。
そしてなかなか高感度耐性が高いような気がする。

さてそんなSIGMA fpのフェスが開催されるとのこと。私も参加予定です。みなさま、ご一緒に楽しみましょう。そして語りましょう。

それから今年もカメラと写真映像の祭典 CP+2020@SIGMAに登壇することが決まりました。今回のパートナーはIsland Galleryではお馴染みの、タレントであり女流写真家の荒井沙織さんです。ぜひSIGMAブースにお越しください。

登壇日 / 2月29日(土)15:00-15:40

▼CP+2020 / オフィシャルサイト
http://www.cpplus.jp/

Location / Harumi Triton Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp
-Art 14-24mm F2.8 DG DN

Lake Shirakawa of the large mirror / 大鏡の白川湖

水没林の景色としては立ち枯れた木が魅力だが、ここ白川湖は雪解けでダム湖の水が溢れている期間の限定なので、ご覧の通り小枝には薄っすらと緑が見て取れる。次期に周辺の田んぼに水が流されるまでの限定風景だ。私はここ数年タイミングが合えば通っている。

Location / Shirakawako Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Sports 120-300mm F2.8 DG OS HSM

Mirror submerged forest / 鏡の水没林 白川湖

あるがままに撮り切る事ができるカメラだからこそ、その後の現像レタッチでもイメージをのせやすい。データ量が豊富だからピクセル単位で詰めていく作業でも破綻が少ない。

やはりどう考えても風景写真では Foveonが楽しいんだよね。このカメラを使うだけで人とはちょっと違う写真が撮れるところが大いに気に入っている。だから多くの人にこのカメラの素晴らしさを知ってもらいたいと思う反面、あまり教えたくないという、何だか子供っぽい気持ちもあったりする。

Location / Shirakawako Yamagata ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 85mm F1.4 DG HSM