「ストリート系」タグアーカイブ

水辺の美しい街をSIGMAのIシリーズで撮る

-SIGMA fp L
-24mm F3.5 DG DN | Contemporary


-SIGMA fp L
-35mm F2 DG DN | Contemporary


夕暮れ時に偶然通りがかった光景。
西陽にライトアップされていた街が美しい。

レンズネタ
フルサイズ対応のSIGMAのIシリーズは超コンパクト設計なので、特に撮影の予定がない日などでも、常にカバンに入れて持ち歩いても負担が少ない。
こんな予期せぬ光景に出会ったときなどは、サッとカバンから取り出し、シャッターチャンスをモノにできるフットワークの軽さが気に入っている。

この日は24mm F3.5と35mm F2の2本のIシリーズを使い分けた。
コンパクトなのでレンズ交換も楽々出来るのもまたいい。
その日の気分によって、Iシリーズを2~3本持って散歩することが実に楽しい。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-24mm F3.5 DG DN | Contemporary
-35mm F2 DG DN | Contemporary

清澄庭園散策 単焦点1本縛りのススメ / 85mm F1.4 DG DN | Art

清澄庭園を散策をしてきました。

今回はSIGMA fp Lに中望遠の85mm F1.4 DG DN | Artの1本だけくっつけての単焦点縛りでした。取り敢えず何でも撮れちゃうズームレンズとは違って、風景撮りで85mm縛りとなると結構な制約になります。何しろ場所の全体像が抑えられません。これは風景撮影としては致命的ですね。

ではなぜこんな不自由なことをするのか・・・
それは楽しいからです。
なんだろう、、、
まずは縛りがあるとその範囲で何とかしようとするので気合が違います。
特にこの85mmとなると、人間の自然な視界とくらべてかなりタイトになるので、よりフォーカスしてモノを見る必要に迫られる為、普通の散歩では得られない世界を体感出来るんです。

更に付け加えると、この85mmはF1.4なので、モーレツに被写界深度が浅い故、開放ですと、更にさらに被写体を観察する必要があります。
今回開放F1.4で撮影したのは、1枚めと3枚めの2枚ですが、次は単焦点縛りプラス、開放縛りというのも面白いかもしれませんね。

Location / Kiyosumi Garden Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-85mm F1.4 DG DN | Art

28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary / THE 東京夜景 豊洲ぐるり公園 01

気が付けば、ここも東京を代表するメジャーな夜景の名所になっていた。いや、なるだろう。
リバーサイドにはカリフォルニアを彷彿とさせるカフェやビアガーデン&BBQなどが出来ていて、楽しさ満点のスポットだ。

我が家からは徒歩だと少々遠いが、歩いていける距離でもある。
何という贅沢なロケーションなんだろう。

おそらく今後は更に人気が高まるに違いないね。

レンズネタ
最近手に入れたズームレンズで撮影しました。
シグマにはほぼ同じ画角のアートレンズの 24-70mm F2.8 DG DN | Artがあるが、サイズがかなり違う。こちらの方がひと回り、いやふた回りコンパクトだ。

確かに広角端の立ち上がりが24mmと28mmの違いがあるものの、それにしてもコンパクトだ。
となると、気になるのは画質なのだが、これがまた、どうしてどうして、ヤバいくらいに問題ないと来ているからアートレンズの存在意義が心配になってしまうレベルだ。
もっとも広角域の 4mmの差は、全く無視出来るレベルでは無いとは言え、このズームレンズの出来が良すぎる。

また時間があるときに撮り比べもしてみるかな。

Location / Toyosu Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

お散歩日和な日曜日 / 豊洲周辺

日がな日曜日、SIGMA fp Lに28-70mm F2.8 DG DNだけくっつけて、ご近所さんをお散歩してきました。

いやはや、ようやく緊急事態宣言が解除されましたね。
こうして思いっきり外を歩くのは、どれくらいぶりだろうか・・・

また元に戻ることが無いといいね。

それにしてもこの超コンパクトなフルサイズのSIGMA fp Lと、これまた超コンパクトなフルサイズ用のズームレンズの組み合わせの機動力抜群でした。
特に何を撮るか考えてないときは、とりあえずこの組み合わせで十分だし、全く問題無しですね。

Location / Toyosu Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

SIGMA fp Lで夜景スナップが楽しい

夜景はガッツリ三脚に据えて撮るのが好きなのですが、特にプリントなどを考えなければ、こうして手持ちでもSNSなどでは十分ですね。

それにしても最近のデジカメったらこれで ISO5000ってヤバいよね。
Foveon使いとしては別世界のお話みたいです。
あ、いや、決してFoveonをディスっているのではございません(^^ゞ

更にこの65mm F2もいいね。
ISO感度とシャッタースピードを稼ぐために開放F2ですが、中心はともかく周辺も全く問題ないよこれ。少し前のレンズでは考えられないよね。

今後はもう少し積極的に夜景スナップでもやってみようかな。

Location / Harumi Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Contemporary 65mm F2 DG DN

誰もいない水郷潮来

人混みを避けつつ、ただひたすら車を走らせると言う気分転換をした。
何しろ目的地が無いので気の向くままである。

そしてたどり着いたのが水郷潮来。
随分と昔にあやめまつりに来た覚えがあるが定かでない。

それにしても全く人と出会わないというのも不思議な感じがした。
これも今しか撮れない風景なのかもしれない。

カメラネタ
何気ないスナップでもカラーモードをパウダーブルーにするだけで、なんとも趣のある情景になるから不思議ですね。シグマのカラーグレーディングチームは良い仕事をしていますね。

Location / Shuigo Ibaragi ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-Art 24mm F1.4 DG HSM