タグ別アーカイブ: 東京百景

『BOKEH-MASTER』で撮る東京の光玉ボケの夜景

ボケマ『BOKEH-MASTER』を入手以来、この水玉ボケならぬ光玉ボケが気に入っている。
これどうやって撮るのと質問が多数寄せられていますが、詳しくは説明しませんが、ベースになる夜景は、私が通常撮影する夜景と同じ設定で、SFD MODEというSIGMAのカメラについている機能を利用し、まんまるの玉ボケ部分は、絞り値をF2.0でアウトフォーカスしたものとの合わせ技で実現しています。

なぜか人間の目はボケた方にフォーカスを合わそうとしてしまい、パっと見は全体が滲んで見えてしまうのですが、よく見るとベースの夜景は、いつものようにガッツリと解像しているので、だまし絵のような錯覚を覚えるから不思議です。そこがまた気に入っているポイントでもあります。

このスタイルに名前を付けたいな。
なにか良いネーミングありませんか?

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 105mm F1.4 DG HSM + SFD MODE

Dot pattern of light / SIGMA Art 105mm F1.4 BOKEH-MASTER

近眼な私が裸眼で見ると、まさにこんな世界が広がっています。光の玉ボケがフワフワとして綺麗なんです。目が良い時はまったくイメージが湧きませんでしたが、近眼な方はわかりますよね。

まんまるな玉ボケになるボケマ『BOKEH-MASTER』だからこそ表現できる一枚ですね。このシリーズは暫く追求してみようかと思います。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 105mm F1.4 DG HSM + SFD MODE

The way to the Imperial Palace / 元江戸城へ続く道 行幸通り

この道は皇居に続く行幸通りですが、反対方面はもちろん丸の内側の東京駅だ。ひと月前にその東京駅も撮影しました。そちらのカットは、今日と明日の二日間限りですが、丸の内の商業施設「K I T T E」にて『PRODUCT MAKES MAN-本気のプロダクトが本物の男を創る-』というD’URBANが開催するイベントの中でSIGMAのブースにてB0サイズにプリントされた作品が展示されているようです。実は私もまだ見てないので、今日の夕方に顔を出そうと思っています。お近くにお越しの方、ちょこっと寄り道してみてください。
詳しくはこちらへアクセスしてください。

余談ですが、江戸城って何処にあったかのか知らない人が意外に多いのにはビックリするよ。周りの人に聞いてみて。

Location / Tokyo Station, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 14mm F1.8 DG HSM

Crescent moon and evening star / 三日月と宵の明星

今日は空模様が賑やかでした。朝方は霧、午後からはダイナミックな雲。そして夕焼け。日が暮れてからは三日月と金星のランデブー。これは撮らねばなるまいと、食事をしながら、ちょいちょい空を気にしながら、狙いの位置で月星を確保いたしました。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 50mm F1.4 DG HSM