タグ別アーカイブ: 名嘉睦稔

Green Gate / 緑の門 南禅寺山門

一週間の大阪出張の帰りに、ほんの少しだけ京都に寄っただけなのに、イメージは京都が支配している。日本を代表する場所なんだね。たまにしか行かないのに、心の故郷のような錯覚を覚える。

そしてこの南禅寺の山門をくぐると、ただいま。って感じになる。

Location / Sanmon Nanzenji Kyoto, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA DP2 Merrill

さて今週土曜日から、私が敬愛している沖縄の版画家 名嘉睦稔の展覧会が始まる。7月13日には作家来廊もある。私のことをフォローしてくださっている方は、写真好きの方が多いかと思いますが、天才アーティストの描く富士山は必見です。おそらく写真活動にもプラスになるかと思います。実は私の写真は、大いに名嘉睦稔さんからの影響があります。ぜひオリジナル作品から溢れる力を感じてほしい。きっと何かが見つかるハズです。

名嘉睦稔木版画展 富士十撰

Rain Flower / 雨の花

雨の花が見えますか?
強い雨粒が道路に弾かれて、一瞬だけ咲かせる雨の花です。
この花の存在を教えてくれたのは、私が敬愛している沖縄のアーティスト名嘉睦稔さんです。
そして只今、IslandGalleryでは展覧会を開催中です。

今度は、望遠マクロで完璧に撮ってみよう。

ロケ地 / 東京京橋 Island Gallery

+CAMERA
-SIGMA DP3 Merrill

名嘉睦稔 真南風展~光の季節のはじまり~
http://islandgallery.jp/6951

Colors of Late Autumn / 晩秋の彩り

今日、世界レベルの画家である名嘉睦稔氏に、私の一連の写真を見たいただいた。
等倍にしてディテールまで、じっくりとチェックした後・・・

 “これは観たまんま撮れているね。
  写真も漸くここまで到達したのか!!”

と言っていたのが印象的だった。
この画家には、やはりこの様に観えていたのかと、改めてビックリした。

ちなみにこの画家には、飛んでいる鳥の目が見えたり、羽の動きがスローモーションに見えたり、老木がこの形になるまでの動きが早送りで見えたりするらしい。ハッキリ言って天才画家である。

ロケ地 / 長野県戸隠 小鳥ヶ池

+撮影機材
-SIGMA SD1 Merrill
-APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM

Great Nature / 大いなる自然

私に究極の神さまは大自然そのものなんだよと教えてくれたのは、沖縄の版画家、名嘉睦稔(ナカボクネン)さんです。
実は私の撮る写真は、この偉大な版画家の影響が大きいのでした。
ボクネンさんの版画作品や言葉から学んでいます。

さて、そのボクネンさん、久しぶりに東京に来ます。
IslandGalleryで作家来廊です。

+名嘉睦稔 画業25周年記念展

ロケ地 / 青森県十二湖

+撮影機材
-SIGMA DP1 Merrill