タグ別アーカイブ: お知らせ

Blue Sky after typhoon / 台風一過のブルースカイ

朝5時に目が覚めて、ずっと台風21号の動きをリビングとネットから眺めていました。
どうも関東に近づくに連れて、台風の目はほぼ消滅したようで、あっという間に過ぎていったようですね。中央区周辺は大した被害はなさそうで安堵しています。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro + SFD MODE


カメラネタコーナー
台風一過ということで大気に余分な成分が無いため、かなり透き通っています。こんなときは画質のチェックにはもってこいなので、dp0 Quattroで、いつもの我が家からの定点観測をしてみました。
久しぶりにオリジナルサイズでアップしておきますので、興味がある方はダウンロードして細部までチェックしてみてください。その場合、もちろん等倍鑑賞してくださいね。

で、11月に私が主宰するIslandGalleryでは、写真の個展はありませんが、『Island Gallery Best Selection 2017』ということで、IslandGalleryお取り扱いの作家の代表作をずらりと展示する予定にしています。そして期間中はイベント盛りだくさんで企画していますので、カメラ・写真に興味がある方は、ぜひチェックしてください。

更にその企画のひとつに私が愛用するSIGMAのFoveon機と、その他高画素フルサイズ機との大判プリント画質対決をやってみようと考えています。どうなることやら、今から楽しみです。

▶オリジナルサイズはこちらからダウンロードしてください。
 
 

PORTRAIT / Sho Shibata 柴田 祥

私が主宰するIsland Galleryで、現在個展を開催中の写真家 柴田祥。
なかなか絵になる男だ。

津軽に拘り6年半撮りためた作品を、この個展で一気に発表した。研ぎ澄まされたフレーミングは、まったく淀みがない。ストイックなまでに丁寧に仕上げられたモノクロームの世界を、是非オリジナルプリントで見ていただきたい。

Location / Island Gallery ,JAPAN
Model / Sho Shibata

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 50mm F1.4 DG HSM


柴田 祥 写真展 / 津軽再考
会  期 2017年9月16日[土]-24日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

Narawara shining in the sunset / 夕日に輝くナラワラ 北海道野付半島

年末年始を利用して行った北海道の旅ですが、もう、ひと月も経ったんですね。何気に本業が忙しく、その後は、どこも行けてません。寒いうちに、寒い場所に行きたいと思う今日この頃です。

ところでモバイル環境を一新しました。ここからはこの写真とは全く別の話になりますのでお気を付けください。
モバイル環境を一新と言ってもノートPCを新調しただけのことなんですが、今まで使っていたのは Vaio Duo11という、まぁなかなかカワイイやつでして、長期の出張のときに持ち出したり、あとはリビングでまったりしながらホームページの更新をしたりと、割りと軽い作業で活躍していました。
そして時々無謀にも、SIGMAのカメラで撮影したRAWデータを現像したりもしたのですが、そりゃもう流石に4年前のモデルともなれば、少々荷が重いわけでして、更に決定的なのはモニターがアレなワケで、アレって何かって申しますと、何でも綺麗にみえてしまうという、今時のモニターです。綺麗に見えるんなら良いじゃないかってことですが、自分がネットでYouTubeや写真を鑑賞するだけならオッケーですが、それじゃあ困るのが現像なんですね。何でも綺麗に見えてしまったら、本当の色がどうなっているのかがまるで分からないのが問題なんです。本当の色が分からなければ、画像調整なんて出来る訳がありません。よってVaio Duo11でうっかり現像をしてしまうと、あとからちゃんとしたモニターでチェックしてみると、ひっくり返ってしまうことが多々あるのです。その時はもう、恥ずかしくて恥ずかしくて即刻削除ですよ。まあ、削除まで至らなくても、かなり気分が悪いです。
みなさま、本当の色を見ながら現像していますか?
一度、チェックされた方が良いかもしれませんよ。実は私の周りでも、かなり色が破綻している人が多いです。と言うか、ちゃんと現像が出来ている人の方が少ないかもしれません。

さて前置きがかなり長くなりましたが、今回導入したのはこれです。
Surface Book – 256GB / Intel Core i7 / 8GB / GPU

Surface BookのモニターはモバイルPCにしては、かなり気合が感じられる仕様になっています。残念ながらAdobe RGBには対応していませんが、sRGBは100%で、解像度は 3000×2000(267PPI)と巨大です。あれ、これってもしかして、メインPCで使っているEIZOの27インチよりもデカイんじゃないか^^; まぁ、そちらはAdobe RGBカバー率99%という、ある意味業界スタンダードなので、解像度だけでは比べることは出来ないのですが、それでもこのSurface Bookは頑張っているんじゃないかな。そして更にモバイルPCとしては、珍しくGPUを積んでいるので、Photoshopや動画編集には有利だったりするんです。そしてSIGMAの現像ソフトであるSPPの最新バージョンは、GPU対応を謳っているので効果は絶大だ。

さて、ファーストインプレッションとして長々と書きましたが、実際に現像作業をしてみてどうかというと、パフォーマンスとしては申し分ない。そして色調整も、これを最終のプリントまで持っていくには少々の不安はありますが、それでもそこそこの完成度は得られそうだ。
誤解を恐れずに申し上げますと、今のところ私の知る限りでは、モバイル環境でここまで出来る唯一の機種だと思います。他に知らないだけかもですが・・・。

さて、今年もカメラの祭典である CP+2017のSIGMAブースにて登壇させていただくことになりました。今回はしっかりお題をいただいてまして『魅せる作品のプリント』だそうです。ギャラリスト、展覧会プロデューサー、プリントマスターなどの立場として、お話をさせていただく予定です。SIGMAファンじゃない方にも、参考になるかと思います。もちろん、プリント作品におけるSIGMAの優位性なども盛り込みます。よろしければ会場にお越しください。

CP+2017SIGMAブース
『魅せる作品のプリント』(仮)
2月26日[日] 14:15-14:55
出 演 / 石島英雄 Island Gallery 主宰
ゲスト / 彩色写真画家 安斉紗織

Location / Narawara Notsuke Hokkaido, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 85mm F1.4 DG HSM

Dazzling emerald valley / 眩いエメラルドの阿寺渓谷

何と美しい色なんだ。
そしてこの凄まじい透明度。
眩いエメラルドの渓谷を発見セリ!

突然思いたって、ソロで弾丸ロケを敢行した。流石に今日は、もう体力が残っていません。何とかこの一枚だけを現像しました。
さて、明日から大事な写真展が始まる。もっとも美しい富士山の数々がIslandGalleryに並ぶ。ぜひ現在最高峰のプリントを見にいらして下さい。明日はYouTubeによるトークライブもあります。

栗田ゆが写真展 富士物語|自然の聲
http://islandgallery.jp/11323

Location / Atera Valley Nagano, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp3 Quattro

映画『地球交響曲 第八番』予告編

私がリスペクトしている龍村仁監督の最新作、映画『地球交響曲 第八番』が各地で上映が開始されています。
実はこの地球交響曲の第四番・第五番のエンディングテーマ曲を、私が参加するTINGARAと言う音楽ユニットが担当しました。
そして今回、この予告編でも少しだけ使われていますが、オープニングとエンディングで私が西表で微速度撮影した天の川の映像を使っていただています。なんとも嬉しいなぁ。

▼地球交響曲第8番オフィシャルサイト
http://gaiasymphony8.com/trailer/