タグ別アーカイブ: お知らせ

PORTRAIT / Giovanni Piliarvu

昨日からテスト撮影をしているSIGMAのモンスターレンズ『BOKEH-MASTER』。
私が主宰するIsland Galleryで個展を開催中のイタリア人写真家のGiovanniをモデルにして試し打ちをしました。開放なのにピンが来ている部分の解像度がマジやばいな。一切の緩みが無いぞ。これなら積極的に開放を使えるね。そしてボケ味ですか?
そりゃ、なんてったって愛称がBOKEH-MASTERですよ。言わずもがなですよ。

現在開催中の写真展の紹介
Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

Model / Giovanni Piliarvu
Location / Island Gallery Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 105mm F1.4 DG HSM

i’m alive / 私は生きている 白駒池苔の森

今日の東京は梅雨らしいお天気ですね。苔の森もさぞかし潤っていることでしょう。日頃雨降りは、あまり歓迎されませんが、森の撮影では歓迎されます。とは言え程々にですが・・・(^^ゞ

Location / Lake Shirakomaike Nagano, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H + SFD MODE
-Art 12-24mm F4 DG HSM


さて、久しぶりにカメラネタを少々。
私は自他ともに認める高画質主義です。こうして自分で写真も撮りますが、写真を扱うギャラリストでもあります。なので最終形態であるプリントの品質にはとことん拘っています。よく耳にするのは、もうこれ以上の画質は必要無いなんていう方もいらっしゃいますが、それはPCやスマホでの鑑賞でのお話。やはりプリントとなると、まだまだ充分な画質と言えません。特に大きなA2サイズあたりになると、それは顕著なのです。
さてA2と言えば、写真の世界ではそこそこの大きさになりますが、ことアートの領域となると、A2はまだまだ小さい部類になります。やはりインテリアとして飾る場合は、予算の事情は別にして大きい方が断然楽しめます。そしてもし大きい作品をご所望のお客様が現れたとき、画質の都合で大きく出来ないなんてことになったら残念ですよね。
よってIslandGalleryでは画質・クオリティにはとことん拘っているのです。もちろんIslandGalleryで個展を開催する写真家は、この最低ラインはクリアしている必要があるのです。

なので私にとっては高画質であるというのは、ある意味最低ラインであって、その上で作品としての素晴らしさを追求したいと思っているのです。私の写真はともかく、IslandGalleryで扱う写真家さんにはそれを大いに求めているのです。

画質に関して少しでも興味が湧いた方、ぜひ私が主宰するIslandGalleryでオリジナルプリントをご覧ください。そして私は普段バックヤードで仕事をしていることが多いのですが、必要とあらば呼び出していただければ出ていきます。気軽に声をかけてみてください。

現在開催中の写真展の紹介
Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

SIGMAのFoveonセンサーで撮るだけで・・・

なんてこと無い見慣れた風景でも、SIGMAのFoveonセンサーで撮るだけで、人とは少し違う画が撮れる。昨日はレンズテストのため、フルサイズの一般的なα7RⅡで撮影したのですが、どうにもつまらない。高画素で最高峰のカメラなので、これでしか撮れない画もあろうが、ISO100で撮るのなら、やはりFoveonが楽しいな。
 
 
Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN
 
+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 14-24mm F2.8 DG HSM


さて本日から、私が主宰するIsland Galleryでは、『Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション』を開催します。私の敬愛するアーティスト3人のコラボ展。写真好きな方にも、ぜひご覧いただきたいイチオシの展覧会です。

Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション (名嘉睦稔・宮沢和史・仲程長治)
沖縄の定型詩である琉歌とアートの組み合わせで表現する『Ryuka+Art』

会  期 4月7日(土)-29日(日) / 水・木は休廊します。
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

Blue Sky after typhoon / 台風一過のブルースカイ

朝5時に目が覚めて、ずっと台風21号の動きをリビングとネットから眺めていました。
どうも関東に近づくに連れて、台風の目はほぼ消滅したようで、あっという間に過ぎていったようですね。中央区周辺は大した被害はなさそうで安堵しています。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo, JAPAN

+CAMERA
-SIGMA dp0 Quattro + SFD MODE


カメラネタコーナー
台風一過ということで大気に余分な成分が無いため、かなり透き通っています。こんなときは画質のチェックにはもってこいなので、dp0 Quattroで、いつもの我が家からの定点観測をしてみました。
久しぶりにオリジナルサイズでアップしておきますので、興味がある方はダウンロードして細部までチェックしてみてください。その場合、もちろん等倍鑑賞してくださいね。

で、11月に私が主宰するIslandGalleryでは、写真の個展はありませんが、『Island Gallery Best Selection 2017』ということで、IslandGalleryお取り扱いの作家の代表作をずらりと展示する予定にしています。そして期間中はイベント盛りだくさんで企画していますので、カメラ・写真に興味がある方は、ぜひチェックしてください。

更にその企画のひとつに私が愛用するSIGMAのFoveon機と、その他高画素フルサイズ機との大判プリント画質対決をやってみようと考えています。どうなることやら、今から楽しみです。

▶オリジナルサイズはこちらからダウンロードしてください。
 
 

PORTRAIT / Sho Shibata 柴田 祥

私が主宰するIsland Galleryで、現在個展を開催中の写真家 柴田祥。
なかなか絵になる男だ。

津軽に拘り6年半撮りためた作品を、この個展で一気に発表した。研ぎ澄まされたフレーミングは、まったく淀みがない。ストイックなまでに丁寧に仕上げられたモノクロームの世界を、是非オリジナルプリントで見ていただきたい。

Location / Island Gallery ,JAPAN
Model / Sho Shibata

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 50mm F1.4 DG HSM


柴田 祥 写真展 / 津軽再考
会  期 2017年9月16日[土]-24日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity