ひでお のすべての投稿

Fishermen’s morning / 太公望たちの朝 九十九里

この夏は長距離トリップは封印して、日帰りドライブ三昧をしています。
本日は千葉の海から霞ヶ浦にかけて流してきました。
特に何をするとかのアテもなく、それでもしっかり撮影機材は車に詰め込んでいるのは言うまでもありません。

さてこのカットですが、朝焼けの中で釣りをする人を、SIGMAの150-600mmで狙撃してみました。超望遠の圧縮効果も相まって、なかなかドラマチックに撮れたかな。

Location / Kujukuri Chiba ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

Water source in Tokyo / 東京の水源 奥多摩湖

日帰りトリップの帰り道に出会った何気ない風景。
ここは東京の重要な水源とのこと。
決して絶景ではないけど、素敵な風景だと思った。


カメラネタコーナー
ここからはマニアックなネタなので、カメラに興味が無い方はスルーでお願いします。

これは手持ち撮影のワンショットです。SIGMAのカメラを知らない方には、何を今さらそんな事をと思うかも知れませんが、SIGMAのカメラはピクセル単位で記録されるため、微細なブレも仕上がりに大きな影響が出るのです。しかもISO感度は基本100限定なので三脚必須なカメラ。でも光がたっぷりある場合は、手ブレに細心の注意をしながらシャッターを切れば、これくらいには撮れます。
もちろんスナップ感覚な写真はそこまで神経質になる必要はありませんが、プリントを最終形に考えた場合は、微細なブレも無い方が良い仕上がりになります。
そしてプリントの美しさこそがSIGMAのカメラの真骨頂なのです。こうしてネットに公開しているだけでしたら、そこまでの差を見分けることは困難かもしれませんが、プリントすれば一目瞭然です。

カメラメーカー各社の高画素機でも、プリントにした場合はハッキリ言って相手になりません。もっと言えば中盤カメラですら相手になりません。これは去年、私が主宰するIsland Galleryで実証済み。きっと高画質を謳うカメラユーザーには信じ難いことだと思いますが、これは事実なのです。SIGMAはもっとこのことを、しっかりと伝える必要がありますね。

いいモノはいいんです!
大好きなカメラだし、大好きなカメラメーカーなので、これからも応援します。

最後にこれはいつも言っていますが、美しいプリントだからと言っても、優れた作品だとは限らない。そこがアートフォトの難しいところなんです。ちなみにこちらのカットは記録的なスナップ写真です。

Location / Okutama-ko Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 24-35mm F2 DG HSM

Secret Pond / 秘密の溜池

今年の夏は折角の長期休暇なのに、お泊りの予定はありません。でもこのままではカビが生えそうなので、日帰りでちょこちょこと出向こうかと考えています。

で、第一弾、山梨方面をダラダラと愛車で流していたときに見つけた、まるで日本庭園のような美しい溜池。こんな場所もセンスある人がちょっとだけ手を入れれば、数年後には人気スポットになりうるかもしれない。

今はおそらく誰も知らないし、見向きもされてない秘密の溜池。

Location / Yamanashi,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA sd Quattro H
-Art 24-35mm F2 DG HSM