タグ別アーカイブ: 実験工房

四畳半もあれば出来る、映像&サウンドシステム

タイトルは意味深ですが、それは最後まで読んでいただければわかります。
 
さて、私も関わって進めていた、白百合女子大学松前祐司研究室内にスタジオが完成しました。通称『ゆんたくスタジオ』。と言っても、世間で言うスタジオとはチト違うかも知れない。所謂DAWだ。DAWとは、デジタル・オーディオ・ワークステーション / Digital Audio Workstationの略でPCベースで構築されたスタジオの事です。
 
そしてTINGARAもこのスタイルです。作家でボーカルのつぐみのプライベートスタジオ通称『ツグスタ』と私の『ヒデスタ』は、ほぼ同じシステムで構築されていて、ファイルのやり取りだけでトータルリコールが出来ます。共同作業をする上では、これはもっとも重要な要素なのです。
 
そしてそして、この度、完成した『ゆんたくスタジオ』も、ほぼ同じシステムとなるので三兄弟と言う事になります。更に、もう一つ、Island Soundのメンバーで、Island Galleryの店長でもある安斉紗織の『さおたんスタジオ』もあります。こちらは三兄弟よりは機能限定ですが、なかなかのモノですよ。
 
 
▼システムの主な仕様
 
+カスタムPC / ヒデオチューニング
-OS / Windows 7 Professional 64bit
-CPU / Core i7 930 / OC 4G
-CPU COOLER / 水冷
-MEMORY / 12G
-SSD / 80G
-HDD / 3台まで取り外し可能
 
+モニター環境
GENELEC 8020B
M-AUDIO Fast Track Pro
MACKIE 02-VLZ3
 
+アプリケーション
-EDIUS PRO5
-Cubase 5
 
大雑把に紹介すると、こんなところです。このシステムのキモはCore i7 930をオーバークロックして4Gで常用出来ると言う事ですね。それを水冷が支えています。システムドライブはSSDにしているので、OSやアプリの起動は激速です。レイドを組めば更に早くなりますが、今回は見送りました。そしてHDDは3台同時に使用出来て、プロジェクト毎に差し替えも自由。もちろん使用してない時は電源はオフに出来ます。
 
モニター環境は、それぞれのスタジオによって違います。今回は『ゆんたくスタジオ』で採用したシステムをご紹介しましょう。
モニタースピーカーはGENELEC 8020Bです。コンパクトではあるが、ニアフィールドでは、むしろこのサイズが使いやすいのです。オーディオインターフェイスは、24bit/96kHzに対応したM-AUDIO Fast Track Pro。これだけでも普通は事足りるが、今後の事も考えて、小型の外部ミキサーとして、MACKIE 02-VLZ3を間にカマす事にした。
 
映像編集ソフトはEDIUS PRO5を採用。すでにEDIUS 6が登場しているので、いずれバージョンアップするとして、パフォーマンスチェックとしてCANON 5D MarkⅡで撮影したフルHDの編集済みの映像を走らせてみた。カラコレ・ディゾルブ・エフェクト・タイトルなど、そこそこCPUパワーを必要とする部分でも、CPUの使用率は10%程度だ。20%を超えることはまず無い。もちろんレンダリングなんてありえない超快適フルHD編集システムなのだ。
 
うわぁ~~~、なんというマニアックなネタだ。こんなもん誰が読むのじゃ・・・と、ここまで書いて、漸く気が付いた。
まぁ、これから映像編集をしてみたい人の参考になればいいかな。今回紹介したシステムは、最小にして最強なのですよ。四畳半もあれば出来る、映像&サウンドシステムでもあります。
 
 
Photo by Saori
 
 

時々USTREAMで実験的に八重山サウンドを流している。昨日も零時から突然始めた。

時々USTREAMで実験的に八重山サウンドを流している。昨日も零時から突然始めた。音は既に編集済みの120分バージョンで、もちろんバイノーラル録音によるもの。いつもだったらこれに静止画をスライドさせているのだが、昨日は更にバージョンアップして、5D MarkⅡで撮影してきた生のフッテージをノー加工のままオンエアーした。

更に更に、前回から試みている事だけど、私のおしゃべりもいれている。もしかしたら逆効果にもなりかねないけど、自分としては何だか楽しかったなぁ。ご参加いただいたみなさま、お付き合いありがとうございます。またやります。

ご興味がある方は、私のtwitterをフォローしてくださいね。
 
+ひでおのつぶやき / twitter
http://twitter.com/hideo_chan
 
+IslandSound Channel / USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/islandsound
 
 
ロケ地 / 西表島
 
▼撮影機材
+CANON 5D MarkⅡ
+EF70-200mm F2.8L IS USM
 
 

おいっ、WAVES!プロテクトに命を燃やす前に、もちっと客を大事にしろ。

うわぁ! いつのまに君はそこから顔を出すようになっていたんだ?

最近、昼間のニンゲンになっていたから、ぜんぜん気付かなかったよ。

ということで、前編からの続きです。しかもここからはマニアックなネタです。

音楽制作ソフトはマーケットが小さいためか、その進化はかなり遅い。しかもホストアプリケーションがバージョンを上げても、ソフトシンセやVSTプラグインが対応してこない事には、どうにもならない。要するに使っているソフトの中で、ひとつでも対応が遅いと、それに引っ張られることになる。そんな状態だから、環境を変えるタイミングを逃していたのである。でも特に困っていた訳ではない。むしろ安定稼動していたから快適だったのだ。では、なぜ今一新する事にしたのかは、Windows7の評判良くて、周りの環境も整いつつあったからだ。しかも64bitには特に興味があった。

いろいろ下調べをして、64bitに対応してない32bitのアプリでも、余程の事がない限りは、普通に動く事が分かった。今回インストールを予定しているアプリは、ほぼ64bitに対応しているし、仮に32bitでも何とかなりそうだと判断したのでした。

ところが・・・
やはりというか、またしてもというか、すんなりインストールをさせてくれないアプリがあったのだ。それは以前から毎度苦労しながら入れているWAVESだ。WAVESは、私にとっては無くてはならないエフェクトなので、外すわけにはいかない。ちくちょ~~!またお前かよぉ!!

で、いろいろ調べているところに、twitterから情報が・・・
どうやらWindows7/64bitにCubase5/32bitをインストールすれば解決するらしい。なんだかなぁ・・・なかんじだけど、まずはこいつが無い事には始まらないので、早速試してみることに。しか~~~~~~し、これまた、すんなりとはいかないのだ。高いソフトなので不正コピー防止用のドングルと呼ばれているUSBキーが必要なのだが、これがかなりの曲者で、アクティベーションで毎回のようにトラブルのだ。その都度、サポートにメールで連絡をして対処してもらうのだが、このやりとりは全て英語。私の幼稚な英語力を駆使して状態を伝えて、サポートしてもらうワケだから、そりゃもう大変だわさ。オフィシャルサイトには無茶苦茶丁寧なトラブルシューティングも、沢山用意されているけど、そもそもこれってどうなんじゃ?! 最近のソフトでインストールで躓くのなんて滅多に無いよね? なんだか客をナメているとしか思えんぞ。しかもこのWAVES GOLDって、滅茶苦茶高いのよ。

 おいっ、WAVES!
 プロテクトに命を燃やす前に、もちっと客を大事にしろ。
 というか、はよ64bitに対応してくれ!

WAVESが対応してくれたら、晴れてネイティブ64bit環境が構築できるのよ。
ふぅ・・・・。疲れたわ。

どなたかのお役に立てればと思い、エントリーしてみました。
こんなので悩んでいる方のヒントになれば幸いです。

安定稼動まで、あと少し。
ガンバルワンワン。

ヒトバシラーのひでおさんでした。

音楽制作環境を一新した。いや、している最中だ。

おぉぉぉぉを。久しぶりに朝焼けを見た。
最近、昼間のニンゲンになっていたからさ・・・

音楽制作環境を一新した。いや、している最中だ。

パソコンの性能は、割と最新に近い状態を保っていたんだけど、音楽制作環境は、数世代前の状態だった。何しろVISTAの出来が芳しくなかったため、XPのまま、アプリもバージョンアップする事も無く、ある意味、かなり安定稼動していたから、特に替える必要もなかったのだ。

しかし如何せんXPでは古すぎる。このままじゃ、化石になってしまうぞなもし。ということで Windows7/64bitがなかなか評判良さそうなので、思い切って環境を一新する事にした。

つづく。