本栖湖からの眺め

明日から極寒の地、北海道に撮影のため行ってきま~す。

その前にテスト撮影をかねて、旧五千円札や現在の千円札の裏に描かれている、湖面に映る逆さ富士で有名な本栖湖に行ってきました。
真夜中過ぎの3時頃に到着したんですが、既にアマチュアカメラマンのおじぃおばぁたちが(失礼)、立派な三脚に立派なカメラを据えて陣取ってました。
いや~ビックリだ。
で、あとから来た新参者としては、あまったスペースでイチバン良さそうなポイントになんとか三脚を立てる事に成功!

この日はお月様の姿も無く星日和だ。
が、しか~し、雲が・・・
ま、それもなかなかの風景ではあるね。

星が写りすぎて星座がわかるかな?

この一枚だけは、南の空にフォーカスしました。


土星としし座と富士山


なんちゃってダイヤモンド富士?


本栖湖に出来た光の路

極寒の地での防寒対策

明々後日15日から、自分には縁が無いと思っていた、極寒の地に撮影へ行く事になった。
で、やっぱりイチバンの心配事はお天気だよね。
じゃじゃ~ん、見事に連日雪マークなのだ。
しか~も、最低気温はマイナス6度だってよ。
まぁ、雨じゃ撮影は無理だけど、雪はそれなりのモノが撮れそうかもね。

そこで問題は、自分たちの防寒対策は当然のことながら、機材たちをどう寒さから守るかだよね。
いろいろネットで調べて予備知識を入れているけど、まだどうしてイイのか決まらない。
今日明日で考えを纏めて備えないとだ。

今回の撮影方法は、2台のデジイチをそれぞれ三脚に据えて、一回の撮影で長い時は2時間シャッターを切りっぱなしという、むちゃくちゃなやり方です。
ショット数で言うと、1,000~2,000枚です。

で、その際の心配事は・・・
 ・連続撮影で電池が持つか?
 ・シャッターの耐久力は?
 ・結露は?

やっぱり地道に防寒対策を考え自作するしかないかな。
どなたかアドバイスありますか?
おせ~てください。

夜間飛行

パリからの帰りの便はほぼ夜間飛行になる。
雲の上を飛ぶ飛行機からの眺めは、絶好の星観察なのだ。
オーロラなんかも期待したけど、観る事はできなかったなぁ。
それでも、ずっとオリオン座が視界に入って楽しかったなぁ。
画像をクリックして確認してね。

ちなみに、真ん中で一際光っているのは翼の点滅光です。
下の光の塊は、雲下の街の灯りかな。



夜明けに向かって飛んでいきます。

何度観てもいいね。
この瞬間。

もちろんこの時のBGMはTINGARAです。
ぶはは。

素敵なパリ郊外

素敵なパリ郊外

何度もフランスに行った事があるけど、実はパリから出た事は一度もなかった。
いつも仕事で来ていたので、郊外には用事がなかったんだね。

昨日、パリに住む友人の案内で、ゴッホ終焉の地である、オーヴェール・シュル・オワーズへ連れてってもらいました。

パリから直線距離で30Kmしか離れていないのに、信じられないくらいに、そこは実に美しい街なんだよ。
パリも良いけど、フランスって田舎が素敵だね。
ちょっぴり、フランスを見直しちゃいました。
と言うか、知らなかっただけだね。

art photo music movie sound more…