タグ別アーカイブ: 日記

『Google+ 三人写真展 The Three Men Emerge』開催に向けて

Google+ 三人写真展 The Three Men Emerge

『Google+ 三人写真展 The Three Men Emerge』開催に向けて
世界に名だたるカメラメーカーのほとんどが日本にあるのに、世界で活躍できるフォトグラファーは未だ少ない。そもそも日本にアートフォトとしてのマーケットも極端に少ない。これは国民性なのか、そもそも需要が無いのか、それとも写真家のレベルが低いのかは定かではない。そして更に付け加えれば、写真を扱うギャラリー自体も少ない。これは写真をこよなく愛するギャラリストとしては、実に淋しい日本のアートフォトの現状だ。

海外に目を向けてみましょう。
ビンテージプリントや有名フォトグラファーなどは、すでに大手オークション会社でも取り扱いがあり、そこそこ活況を呈している。そしてオークションなどの扱いはないが、オリジナルプリントが売れまくっている人気フォトグラファーの存在もいる。もちろんそれを支えるギャラリーも多い。すでにアートフォトは、ファインアートの分野としても完全に定着している。

日本はどうなのか?
プロ写真家として活躍している人はそれなにはいるが、ギャラリーで個展が出来るほどの作品を撮っている人は極少数だ。おそらく金にならないからであろう。そしてクライアントさまありきの写真しか撮っていない人には、到底美術画廊を埋めるだけの作品は撮れない。

ようやく今回の本題だ。
写真を楽しむ人達は確実に増えているし、携帯まで入れれば、ほぼ全員が何らかのカメラを所有していて、それを楽しんでいる。ところがアートフォトとなると、どうにもパッとしない。写真への興味は海外に負けずにあると思うのだが・・・。

さて、私が注目したのはハイアマチュアの存在だ。
この人達は実に純粋だ。本業を持ちながらも、余暇を利用して、真摯に写真に取り組んでいる。そしてクライアントさんへの縛りがないので、本当に心が動いたものを追求している。

そしてIslandGalleryが注目したのはGoogle+だ。
Google+には写真好きの方が大勢いらっしゃる。撮る人も見て楽しむ人も本当にアクティブだ。現に毎週末毎に、Google+で集まった人たちで、フォトウォークも盛んに開催されている。

となるとギャラリストとしては、どうしても盛り上げたいのはアートフォトだ。
音楽業界の人たちに叱られるかもしれないが、あえて引き合いに出してみます。かつて音楽業界が盛り上がっていた頃、憧れのスターの存在があった。そう、みんなそれを夢を見て、ギターを弾いたりバンド組んだりしていた。明日のスター予備軍が沢山いたのだ。実はアートフォト業界には、明日のスター予備軍は沢山いる。いないのはスターだ。スターが生まれれば自ずと賑やかになるハズだ。そして私は明日のスターをGoogle+から三人の写真家を見つけ出した。

つづく・・・

私のGoogle+はこちらです。
よろしければ、是非Google+で絡んでくださいね。

Beyond the 400 years time / 400年の時を超えて

一楽二萩三唐津と言われ、茶陶においては御三家の唐津ですが、ここ中里家は、その中でも名門中の名門。
1615年から御用窯として大正年間まで使用してたという格式ある登り窯です。

遺跡と言うよりも、美しいオブジェかのようでした。

ロケ地 / 佐賀県唐津 中里太郎右衛門

+CAMERA
-SIGMA DP1 Merrill