人生を決めた GIBSON Les Paul

何を隠そう、音楽家としてのワタクシの本職はギタリストでした。
このギターは17歳の夏に手に入れたモノです。

縁あって、20年ぶりに手元に来ました。
さすがに電気系統、金属部分などがクタばっていて音も出ない状態ですが、モノはシッカリしておりまする。
ちょいと手をかけてリストアしてみようと思う。

ウデのイイ職人を探さないとな。
どなたかご存知ありますか?

Loading Facebook Comments ...

人生を決めた GIBSON Les Paul” への15件のフィードバック

  1. 17歳ですか、高校生ですね。皆さん、やっぱりギターから入るんでしょうかね?私はその時は音楽には余り興味を持てませんでした。まだQueenに出会う前です。

    しかし、骨董品ですね。又弾けるんでしょうか?弾けると成ると・・・次ぎのアルバムには・・・当然・・・(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

  2. 章光さん
    おぉ、骨董ときましたか。
    楽器の世界では、ビンテージなんて言い方をします。

  3. かっこいい〜〜!ギターですね〜〜。
    レトロな感じがまた素敵ですね。マニアにはたまらないのでは。。
    マニアじゃないけど飾って置きたい感じがしますね。

    本職はギタリスト!!うんうん、なっとく。。
    hideoさんと初対面のとき、そんなイメージでした。(笑)
    20年ぶりの再会、17歳の青春の思い出とともに甦りますね。。
    どんな青春や???
    私の17歳はバレーボール漬けの青春でした。

    ウデのイイ職人見つかるといいです (^-^)ネ!

  4. うおっ! 黒のレスポール・カスタムですね!?
    かっちょいぃ〜〜〜!!
    これド太いイイ音するんですよね〜〜!
    この年代のだと、そ〜と〜〜のお値打ち物ですよ。
    ギターリペア、友人が愛用しているところが荻窪に
    あるそうですが。きいときましょ〜か?

  5. 何年ものですか?
    日本にギブソンあるはずですけど、
    アメリカだと完全にリストアできますがハムバッキングの年代で音変わりますから。

  6. リュウさん
    実は弟もギタリストでした。
    で、このギターは弟に譲っていたのでした。
    で、また我が家にやってきて、我が家のギタリストに引き継がれたって訳でして・・・。
    良いモノはこうして残っていくんですね。

    joeさん
    流石巨匠じゃ。
    レスポールカスタム正解です。
    で、普通カスタムはブラックですよね。
    へそ曲がりなひでおちゃんは、タバコサンバーストを選んだのでした。
    で、そのリペアはどこですか?
    今日、ネットで調べたところに持っていこうと思ってるんです。
    おせ~て。

    choseiさん
    わぉ、こんなところまで、いらしていただきアリガトウございます。
    確か1978年くらいだったと思います。
    ハムバッキングは当時のGibsonオリジナルがあるかどうか・・・。
    その時はディマジオあたりに差し替えようかと思ってます。
    実は、当時もリアはスーパーディマジオにしてました。

    野太い音が大好きでした。

    あ、でも今度のオーナーは女子高生でした。
    もうちょいとやさしい今風の音が好みかも・・・(^^♪。
    勝手に自分好みに仕上げちまおうかな。
    ぶはは。

  7. おお〜〜!
    ヘッドが黒なので、てっきりボディーも黒かと
    思っちゃいましたが、タバコサンバーストとは
    しぶい!! しぶすぎ!!
    リペア屋さんの情報、メールしておきました〜〜

  8.  かっこいい!そう思いました。私も大学生の時に店のショーウィンドウにあった緑色のアコースティクギターを弾けもしないのに衝動買いしたことがあります。結局は部屋のモニュメントに。
     人生を決める“モノ”って,ありますね.私は何だろう。カメラかな、網かな、車かな(笑)

    P.S 最近、八重洲ブックセンターの裏に危険な店ができたので、週に1回のペースで行ってます。ここに行くと散財できます。(ただし模型ファンのみ)

  9. joeさん
    そうそうかなり写真で見るとヘッドが鈍い色になっていますね。
    ほとんど黒だし・・・
    しかしながら、するどいです。
    とってもウレシくなりました。

    かわむつさん
    楽器って、妙な魅力がありますよね。
    たとえ弾けなくったって、所有したくなるんですよね。
    ほとんど、芸術品の域です。

  10. おぉぉぉ。でてきましたね~!
    私の帰京と入れ違いで、レスポールちゃんは
    すでにリペアに入ってしまったそうで。。
    早く本物みてみたぁ~い。

    ところでね、ひでおしゃん、たぶんね、記憶違いだはず。ぶは。
    私の知るところでは、入手したのは確か、
    15歳の春だったはず。(^O^)
    高校入学前の春休み。でしょ。でしょ。

  11. ぉお、つぐみしゃん
    いきなりスルドイご指摘。
    確かに、そうかもしれん。
    いや正解です。

    でね、このレスポールの誕生日が判明しました。
    1976年だった。
    なんと31才だったんだね。

  12. でしょでしょでしょ♪(^O^)
    1976年生まれだったんだね。しぶいのぉ~。
    ってゆーか、15歳でそんなもん買ってしまうなんて、相当なヘンタイ・・じゃなくて、生意気でなんってかわいいんだー、とにょろは思ったのでした。ぶははは。
    さすが、いしじまひでおっ☆彡

  13. ひでおさん、どもども!先程は有難うございました。いきなりこんな所に書き込んじゃっていいのかな?
    いやあ、僕も実は中学3年から5,6年間はギター一筋だったんです。生ギター、エレクトリック、ベースなどなど10本以上持っていたのかな?その頃は身の程知らずに「プロになる」つもりでやっていたみたいですけどね(笑)・・・
    でもちょっと意外でした。僕が知っているひでおさんの世界(って多分ほんの数%なんでしょうけどね)からすると何かストラトが似合いそうなイメージなんですが・・・
    まあ、そんな四方山は又お会いした時の楽しみに!!
    どうか今後とも宜しくお願いいたします!!

  14. つぐみしゃん
    今から考えれば、15歳でこんなもんほしがるなんて、相当無謀じゃったのぉ。

    akira takahashi
    おぉ、早速書き込みありがとうございます。
    それにしても、akiraさんも筋金入りですね。
    ギタリストとしてもプロになれるくらいの腕前なのでしょうね。

    それにしてもThe Nature Sound Orchestraの船出は美しかったです。

    今度ジョー兄貴を柱に飲みましょうね。
    今後ともヨロシク♪

  15. で、本日リペアから戻ってきました。
    ただいま、娘がウレシそうに歪んだ音を立てて弾いとります。
    ぶはは。

コメントは停止中です。