「SIGMA fp L」タグアーカイブ

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DN | Contemporary / First Impression@28mm

SIGMAからリリースされたSIGMA 16-28mm F2.8 DG DN | Contemporaryのテスト撮影です。
前エントリーは広角端である16mmでしたが、こちらは望遠端の28mmです。
現代のレンズでは、中心付近の解像度についてはもう何も言うことはありませんが、問題は周辺解像度なんです。広角端は合格でしたが、こちらはどうでしょうか。
重箱の隅をつつくようなチェックをするのですが、いやぁ、問題ないですね。

広角ズームで私のお気に入りは、もちろんArtラインの14-24mm F2.8 DG DNなのですが、これはもうどこをとっても文句のつけようがない完璧なクオリティに対して、この16-28mm F2.8 DG DNも結構イケてるんじゃないの。と言うのが第一印象です。
確かに広角端での14mmと16mmの差はデカいのですが、特殊な状況じゃない限りは16mmスタートでも十分広角だし、望遠端の28mmはスマホ画角として馴染みがあるので、一般的には使いやすいような気がします。そして軽量コンパクトときていますので、普段の持ち歩きにはむしろこちらの方が出番は増えそうです。

ここ一番のガッツリ三脚に据えて撮りたい風景についてはArtラインをチョイスするのが良いかと思いますが、普段使いのスナップショットは、こちらが幸せになれそうですね。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-16-28mm F2.8 DG DN | Contemporary

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DN | Contemporary / First Impression@18mm

SIGMAからリリースされた超広角ズーム 16-28mm F2.8 DG DN | Contemporaryのファーストショットはこれです。
こちらは広角端の18mmです。

梅雨の合間、まさかのバク焼けでデビュー戦としては申し分ない情景でした。

さて、まずはファーストインプレッションなので、いつもののように画面の周辺からチェックをしてみた。およよ、予想に反してなかなかの解像度じゃないですか。と言うのもSIGMAが誇るArtラインじゃなく、小型軽量のContemporaryラインなので、実はそこまでの期待はしてなかったのですが、お主、なかなかやるのぉ。と言うのが第一印象となりました。
今後のArtラインの在り方が心配になってくる出来の良さで、何しろ好印象です。

16-28mm F2.8 DG DN + 28-70mm F2.8 DG DNの2本あれば、大体の事は足りちゃいそうです。しかもフルサイズでありながら超コンパクトなSIGMA fp Lとの相性も抜群。

高画質は正義です!
と言いながらも、小型軽量もまた正義です。
なんて言いたくなっちゃいました。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-16-28mm F2.8 DG DN | Contemporary

神さまが宿る夕日の滝

特にあてもなく、愛車TESLA Model 3と箱根界隈をドライブしていたら、小さな看板が目に入った。それがこの『夕日の滝』だ。一旦はやり過ごしたのだけど、そのネーミングがついつい気になり、しばらくしてから引き返すことにした。

どうやらここは滝行で有名スポットらしい。
しかし私が行ったのは平日で、しかもすでに夕暮れ間近かったせいなのか、誰も居なかった。

ひっそりとした佇まいの中、しばし夕日の滝と対話しながら、数枚写真を撮らせていただいた。ここには確かに神さまがいらっしゃったような気がした。

Location / Yuuhinotaki Waterfall Kanagawa ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-65mm F2 DG DN | Contemporary

TESLA Model 3でロングドライブレポート

このところ、愛車TESLAでご当地の温泉巡りがマイブームです。
という事で今回はTSLAの電気自動車としての性能レポートをお届けしたいと思います。

信州の白骨温泉に行ってきました。

主なルートは、東京晴海の自宅から中央高速を使い、甲府からは下道をテレテレとゆったり流しながら、大自然の景色を堪能しつつ目的地である白骨温泉公共野天風呂へ向かいました。

途中アップダウンを繰り返しながら、標高1,400メートルまで高度を上げていくことになりますので、燃費ならぬ電費は当然ながら平地を走るよりは悪化します。
ここまでの走行距離は270kmでした。

さて、目的である白骨温泉を堪能したあとは、乗鞍高原に移動して蕎麦屋の名店でランチをいただきました。今回は温泉&食事のレポは割愛しますが、このコース、都内からの日帰り温泉として超オススメです。

さて、次は乗鞍高原から再度白骨温泉へと移動しました。何故かと申しますと、途中で見つけた竜神の滝を撮影するためです。道路沿いのため、滝壺が無く道路の側溝に吸い込まれる形なので、写真としてはイマイチではありますが素晴らしい滝でした。しっかり滝壺があればおそらく名瀑になるところです。

そしてこのカットを撮影した場所ですが、白骨温泉から乗鞍高原へ抜ける山道で見つけた絶景です。愛車TESLAとまだ雪を纏った乗鞍岳を背景にパチリ。なかなか絵になりますね。

さて帰路も大自然を堪能しつつ、時間と体力が許す限り基本下道をチョイスします。高速は時間短縮には良いのですが、旅の楽しみが減ってしまうからです。

という事で、帰路のルートは乗鞍高原から松本城を経由し、立科から軽井沢、そして碓氷峠を下り高崎へ。ここからは関越道で東京の自宅までワープしてきました。
総走行距離は590kmでした。

さてここでTSLAの走行データですが、自宅を99% / 570km の電池残量からスタートして、途中充電せず590kmを走行して帰宅。到着時には4%の充電残量でした。これはかなり優秀ではないでしょうか。電欠ギリギリまで走れば600km超えもイケそうです。

補足しますと、目的地である白骨温泉には270kmあるのですが、標高1,400メートルのアップダウンがあり、到着時は電池残量は50%を割り込み、確か45%くらいでした。なので、普通で考えたら、途中充電しなければ東京まで辿り着けないない計算なのですが、そこは電気自動車の利点で、下りは電気を消費せず、なんと充電までしてしまうという、ガソリン車ではあり得ないことになります。もちろん帰路は下り道になるので、そこそこ電費性能は良くなることは想定していたのですが、無充電で590kmも走破出来たのは、やはり驚きました。
ちなみに昨日はお天気も良く、炎天下に車を放置すれば車内温度も40度を超えるような暑さでしたので、エアコンも普通に快適な温度に設定していました。特にエコドライブを心掛けたわけではありません。

これから電気自動車、特にTESLAを購入検討される方の参考になれば幸いです。
ただし、直近ではかなり車両価格が上がってしまったので、気軽にこれいいよとは、オススメしにくくなってしまったのが残念です。

あ、そうそう、自動車税の通知が届かないなぁって思っていたのですが、東京都はなんと5年間免除されるとのことでした。

愛車データ
TESLA Model 3
LONG RANGE
2021年12月納車


Location / Norikura-Kogen Plateau Nagano ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-20mm F2 DG DN | Contemporary

我が家からの定点観測 / Fixed Point Observation

久しぶりに我が家からの定点観測を撮影しました。
4月から5月にかけての東京は、春霞で夜景撮影としては条件が良くないのですが、今日はスッキリとしていました。

こうしてみると、東京の夜景は本当に美しいです。
かれこれ16年くらいここに住んでいますが、未だ飽きません。

Location / Fixed-point observation from my home Tokyo ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-35mm F2 DG DN | Contemporary

菜の花と河津桜

女子力高めの仕上げをしてみました。
やはりおじしゃんの私には難しいかな。

Location / Kawazuzakura Shizuoka ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-105mm F2.8 DG DN MACRO | Art


Location / Kawazuzakura Shizuoka ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-105mm F2.8 DG DN MACRO | Art


Location / Kawazuzakura Shizuoka ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-105mm F2.8 DG DN MACRO | Art


Location / Kawazuzakura Shizuoka ,JAPAN

+CAMERA
-SIGMA fp L
-35mm F2 DG DN | Contemporary